SCANDEX

新規会員登録で500ポイントプレゼント!

大雪の影響による配送遅延について

新型コロナウイルス感染症対策によるお電話窓口一時休止のお知らせ

INFORMATION

【MAX60%OFF】アウトレットMOREセール!

販売期間:1月20日(水)~スキャンデックスオンラインストアのアウトレットアイテムがさらにお得にお求めいただけるMOREセールを開催中です。 一部のアイテムが最大60%OFFとなります! いずれも在庫限りで終了となりますので、是非ともお早めにチェックしてみてください。アウトレットセール一覧ピックアップアイテムKAHLERHammershoiプレート・ボウル50%OFF1,650円~(税込)Hammershoi プレート・ボウルを見るKAHLERHammershoiマグカップ50~60%OFF1,584円~(税込)Hammershoi マグカップを見る KAHLERNobiliティーライトホルダー(グレー)60%OFF2,200円~(税込)Nobili ティーライトホルダー(グレー)を見るKAHLERKabellフラワーベース60%OFF2,200円~(税込)Kabell フラワーベースを見る steltonEMフレンチプレス50%OFF6,050円~(税込)EM フレンチプレスを見るsteltonEMカトラリーセット(16ピース)60%OFF14,080円(税込)EM カトラリーセット(16ピース)を見る アウトレットセール一覧

【Leander】10%OFFクーポンプレゼント!アンケートキャンペーン

期間:1月8日(金)- 1月31日(日)までスキャンデックスオンラインストアでは、ハイチェアの買い替え・買い足しをご検討されている方を対象に、アンケートを実施しております。期間中、アンケートにお答えいただいた方全員に、オンラインストアですぐにお使いいただける10%OFFクーポンをプレゼント!リエンダーハイチェアはもちろん、セーフティーバーやクッション等のアクセサリーも、お得にご購入いただけます。<例えばこんな方>・ご使用中のハイチェアを買い替えたい方・2人目のお子様へ、もう1台買い足しされる方・ご両親・祖父母様宅用の子ども椅子をお探しの方・子ども椅子は大人の椅子で代用しようと思っていたが、やはり必要かも…と迷っている方・オフィス用やカウンターチェアなど、大人が使うハイチェアの買い足しにもリエンダーハイチェアをお得にお買い求めいただけるチャンスです!ぜひご意見をお聞かせいただけますと幸いです。アンケートに答えるGoogle アンケートサイトへリンクします※アンケートご回答有効期限※1月31日(日)23:59までクーポン有効期限:2月28日(日)まで※アンケート回答完了画面に、クーポンコードが表示されます。表示されたクーポンコードをお控えいただき、クーポンをご使用ください。■クーポンの使用方法オンラインストアにログイン後、商品をカートに入れ【レジに進む】のボタンをクリック。購入画面へと進んだ後【STEP3 お支払い方法の指定】ページの「クーポンコードのご利用」より、クーポンコードを入力・適用することで商品合計金額より割引されます。適用された割引額の詳細は【STEP4ご注文内容の確認】ページの「クーポン使用(税込)」欄よりご確認いただけます。リエンダー商品一覧メール受信につきましてメールマガジンをお受け取りいただけている場合でも、会員登録メール、受注関連メールをお受け取りいただけない場合がございます。 弊社からお送りしておりますメールが届かない事由につきまして、以下の場合がございます。ご確認いただきますようお願い申し上げます。①メール設定等の理由により受信ができていない場合 迷惑メール対策を行われている方は、「@scandex.jp」のドメイン指定解除をお願いいたしますまた、携帯電話会社のメールアドレスをご利用の場合、迷惑メール対策等の設定をお客様が個別にされていなくても、初期設定等により弊社のメールをお受け取りいただけない場合がございます。その際も同様に「@scandex.jp」のドメイン指定解除をお願いいたします。各携帯電話会社の指定受信設定方法につきましては、下記URLをご参照ください。<ドコモの指定受信方法>https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/spmode/domain/index.html<auの指定受信方法>https://www.au.com/support/service/mobile/trouble/mail/email/filter/detail/domain/<softbankの指定受信方法>https://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/antispam/email_i/white/②フリーメール(yahoo.co.jpやhotmail.com等)をお使いの際、自動的に迷惑メールフォルダまたはゴミ箱に振り分けられている可能性がある場合> →「迷惑メールフォルダ」または「削除フォルダ」のご確認をお願いします。③お使いのメールボックスの最大容量を超えてしまっている場合上記をご確認いただいてもメールが受信されない場合、またその他ご不明な点などございます場合、お手数ではございますが下記の内容をお問い合わせフォームよりお送りいただけますようお願い申し上げます。また、一度自動配信にてお送りいたしましたメールは、再配信されませんので、何卒ご了承くださりますようお願い申し上げます。なお、会員登録の際、仮登録がメールが届かなった場合、ドメイン指定解除をおこなっていただいた後、再度新規会員登録を行っていただけますようお願いいたします。仮登録完了後、「【スキャンデックスオンラインストア】会員登録を受付けました。」という件名のメールが届きますので、記載しておりますURLをクリックしていただき、「【スキャンデックスオンラインストア】会員登録完了のお知らせ。」という件名のメールが届きますと、会員登録のお手続きがすべて完了いたします。

【Leander】赤ちゃん思いなやさしいおむつ替えマットとファブリック MATTYシリーズのご紹介

LeanderのMATTY(マッティ)シリーズは、チェンジングマット(おむつ替えマット)やトッパー、フーディなどのタオル製品を展開しているシリーズです。赤ちゃんは1日に10回前後のおむつ替えが必要です。お母さん、お父さんはもちろん大変だけれど、赤ちゃんにも負担がかかっています。おむつ替えの時も柔らかい素材で優しく赤ちゃんを支えたい。そんな思いで作られたのが、こちらのチェンジングマットをはじめとするMATTY(マッティ)シリーズです。新生児から乳児へと・・・赤ちゃんとお母さん、お父さんがコミュニケーションをとる最初の大切な時期。おむつ替えの時だけでなく、お風呂上りやベビーマッサージの時にもお使いいただけます。心地よい素材は、赤ちゃんを自然と笑顔にしてくれるでしょう。出産を終えた方、これから出産を迎える方へのプレゼントとしてもおすすめです。Changing Matおむつ替えマット厚みがあって柔らかく、肌触りのよい素材で、お子さまを優しくつつみ込みます。環境ホルモンなど健康を害する物質は含まれておらず、安心して使えるのも大切なポイントです。また、お子さまが台から転がり落ちないよう、周りを少し高くし、縁を持たせたり、裏面には滑り止め機能も備えるなど、安全に配慮したデザインとなっています。持ち運びができるので床の上やおむつ替え台の上など、どこでも使用が可能。お手入れが簡単で、アルコールもご使用いただけるので衛生面でも安心です。おむつ替えだけでなく、お風呂上がりやベビーマッサージなど、赤ちゃんと対話するためのスペースとしてもご活用いただけます。2019年には「ベビー及びチャイルドケア製品」の部門でドイツデザインアワードを受賞しており、国際的にも認められている商品です。チェンジングマットダスティグレー¥19,800 [tax in]チェンジングマットカプチーノ¥19,800 [tax in] 数量限定のスペシャルセット販売中!チェンジングマットとトッパー(タオル)生産終了カラーのお得なセットをご用意しました。なくなり次第販売終了となります。ぜひご利用ください。チェンジングマット &トッパーセットダスティーグレー/コーラルピンク¥19,800 [tax in]商品を見るチェンジングマット &トッパーセットカプチーノ/コーラルピンク¥19,800 [tax in]商品を見るチェンジングマット &トッパーセットダスティーグレー/ミントグリーン¥19,800 [tax in]商品を見る Topper & Hoodie肌触りのよいオーガニックコットンを使用した、パイル地のテキスタイル。リエンダー MATTY(マッティ)シリーズの高品質なタオル製品。使用されているタオル地は、表面のループ糸により吸水性が高いことが特徴です。また、その凹凸により保温性もあり、お子さまのからだを冷やさないように守ります。生地はOeko-Tex(エコテックススタンダード100 ※)の承認を取得したコットンを使用。安全で心地よくご使用いただけます。(※ 有害物質の評価を目的とし、一律の安全性評価基準を提供することを目標とした承認システム。)フーディは、小さなフードの付いたタオルでお風呂上りのお子さまのからだをすっぽり包みます。体格により異なりますが、目安としてフーディーは2歳頃までのお子さまに適しています。カラーは落ち着きのあるダスティブルー、ダスティローズ、クールグレー、カプチーノの4色展開。そこに大きめの水玉プリントで、子どもらしさを加えました。肌触りが良く、柔らかい風合いで、お子さまもご機嫌です。トッパーダスティブルー¥2,750 [tax in]商品ページを見るトッパーダスティローズ¥2,750 [tax in]商品ページを見る トッパークールグレー¥2,750 [tax in]商品ページを見るトッパーカプチーノ¥2,750 [tax in]商品ページを見るフーディダスティブルー¥6,050 [tax in]商品ページを見るフーディダスティローズ¥6,050 [tax in]商品ページを見る フーディクールグレー¥6,050 [tax in]商品ページを見るフーディカプチーノ¥6,050 [tax in]商品ページを見る  MATTYシリーズ 一覧はこちら今なら生産終了カラーが特別価格に!新カラーの発売にともない、生産終了カラーのテキスタイルをスペシャルプライスで販売いたします。トッパーミントグリーン¥1,540 [tax in]30%OFF商品を見るトッパーコーラルピンク¥1,540 [tax in]30%OFF商品を見るフーディミントグリーン¥4,235 [tax in]30%OFF商品を見るフーディコーラルピンク¥4,235 [tax in]30%OFF商品を見るポンチョミントグリーン¥7,315[tax in]30%OFF商品を見るポンチョコーラルピンク¥7,315[tax in]30%OFF商品を見る 

【ワヤ フィンランド】ムーミンマグ ついに発売!

ワヤフィンランドのムーミンマグ3種、「フレンドシップ」「ライフ」「ラブ」が、スキャンデックスオンラインストアにてついに販売!インスタグラムでは、プレゼントキャンペーンも開催中です。ムーミンたちが私たちに教えてくれること。それは、“当たり前であるけれど大切なこと”。このムーミンマグの3つのテーマは、人生における大切な価値観の中から選びました。原作の世界観をそのまま伝えられるように、マグ本体、箱のデザインにも工夫を凝らし、また、本には欠かせない“しおり”も入っています。マグ・箱・しおりのすべてのコンテンツでムーミンの世界観をお楽しみいただけます。マグカップフレンドシップ¥5,500[tax in]商品を見るマグカップライフ¥5,500[tax in]商品を見るマグカップラブ¥5,500[tax in]商品を見る  インスタグラムキャンペーン※ 終了しました ※スキャンデックスオンラインストアでは、ワヤ フィンランド ムーミンマグ「フレンドシップ」「ライフ」「ラブ」の発売を記念して、インスタグラム限定プレゼントキャンペーンを開催。 ご参加いただいた方の中から、ワヤ フィンランド ムーミンマグ 3個セットなどを抽選で10名様にプレゼントいたします!皆さまのご参加お待ちしております。■ご参加方法① scandex.co.jpアカウントをフォローしていただく。 ②キャンペーン用に投稿した以下の「フレンドシップ」「ライフ」「ラブ」の画像のいづれかお好きなものを選んで、「#ワヤフィンランドムーミンマグ」のハッシュタグを付けて<リポスト>してください。フレンドシップライフラブ ■プレゼントA賞 ワヤ フィンランド ムーミンマグ「フレンドシップ」「ライフ」「ラブ」3個セット×1名様B賞 ワヤ フィンランド ムーミンマグ「フレンドシップ」「ライフ」「ラブ」×各1名様C賞 書籍「ムーミン・コミックス英語対訳」筑摩書房×6名様■開催期間2020年11月25日(水)~12月8日(火)※当選の発表は12月11日(金)を予定しております。■注意事項>・ご当選者様へのご連絡はDMにて行います。@scandex.co.jpアカウントのフォローを外さないよう、お願いいたします。>・アカウントを非公開にされている方は対象外となります。>・当選の連絡後1週間以内にご当選者様と連絡が取れない場合、ご当選者様の必要情報をいただけない場合は当選を無効とさせていただきます。>・落選された方へのご連絡は出来かねますのでご了承ください。>・賞品の発送は日本国内に限ります。

ケーラー「ウワスラ」で過ごす、クリスマスとお正月

幅広のリムとおおらかな楕円形のオーバルプレートでおなじみ、ケーラーの「ウワスラ」シリーズ。定番のホワイトに人気のイエロー、ダークグリーンやコバルトブルーも仲間入りし、ますます充実のラインアップとなりました。今回は、料理家の幣 真紀子さんにご協力をお願いし、ウワスラを使って野菜たっぷりのクリスマス&お正月料理を作っていただきました!ウワスラシリーズ 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 「ウワスラ」で彩るクリスマスディナー簡単で、豪華に見えて、ボリューム満点。ホームパーティーに欠かせない3大条件を見事に満たしてくれた幣さんのスペシャルディナー。赤と白の彩りもクリスマスにぴったりです。ウワスラはホワイトをメインに、新色のディープグリーンを挿し色にしました。サイズ違いのオーバルプレートを活用すれば、テーブルにメリハリがついて、見た目にもおいしく仕上がります。オーバルプレートはスペースを取らないので人数が多いパーティーにも活躍します。メインはローストポーク。28cmのオーバルプレートはメイン料理に最適。リムのおかげで余白が残るので、お料理がおいしく見えます。ソースはジャグに。くぼみが手にフィットするので、お子様でもこぼしにくく安心です。シャープに尖った注ぎ口のおかげで、液だれの心配もありません。ローストポーク:プレート28cm(ホワイト)、クランベリーソース:ジャグS(ホワイト)サラダも28cmのオーバルプレートに。わずかにリムが高くなっているので、ボリュームのあるお料理も、こぼれる心配のある汁物も、大胆に盛り付けて大丈夫!他のお皿と調和する、くすんだダークグリーンの色味はウワスラならでは。ケールとりんごのサラダ:プレート28cm(ダークグリーン)メイン料理の取り皿には、ひと回り小さな22cmが便利。奥行きが浅いので、余白を生かして、横長に盛りつけるとスタイリッシュに仕上がります。こちらの22cmオーバルプレート、普段の食卓では、パスタやワンプレートごはんにも最適です。取り皿:プレート22cm(ホワイト) ホットワイン:カップ(ホワイト)小さめの18cmオーバルプレートには、デンマークの伝統的なオープンサンド・スモーブローを。薄切りのパンの上に、バターとチーズ、お好きな具材を乗せて楽しんでください。スモーブロー:プレート18cm(ホワイト)ボリュームたっぷりのマッシュポテトは、ディーププレートを活用して。スープにも活躍する、深めのお皿です。途中のくぼみのおかげで、少量でもたっぷり入れてもお料理がきれいに見えます。ディープグリーンに白いポテトで、クリスマス感もアップ!マッシュポテト:ディーププレート(ダークグリーン)準備ができたらお花を飾って、さあパーティーを始めましょう。クリスマスはやっぱり、オマジオのブラス。上品なゴールドがテーブルを明るく照らします。ご夫婦で、ファミリーで楽しむクリスマス。ウワスラとともに、素敵なディナータイムをお過ごしください。 お正月料理も「ウワスラ」とともに新しい年が始まり、おせちにもちょっと飽きてきた頃。手間がかからず、お正月らしく、それでいておいしいメニューを知っておくと便利です。クリスマスディナーに活躍した「ウワスラ」を使って、華やかなお正月料理を作ってみませんか?幣 真紀子さんが、大人も子どもも、みんなが喜ぶ手巻き寿司パーティーを紹介してくれました。取り分けスタイルの手巻き寿司なら、気を遣わず、ゲストもゆっくり食べられます。22cmオーバルプレートには、手巻き寿司の具材が8種類。ホワイトのプレートはお箸や和の小物と合わせると、また違った雰囲気に。手巻き寿司の具:プレート22cm(ホワイト)寿司飯には18cmプレートを活用しました。ホワイトのプレートに、梅干しの赤い差し色が効いています。ここでも横長の盛り付けは健在。オーバルならではの洗練された雰囲気が、いつもとはひと味違ったお正月の食卓を演出します。すし飯:プレート18cm(ホワイト)おかずはディーププレートにたっぷりと。中央をこんもり盛り付けると、横から見た時もきれいに仕上がります。どんなにたくさん入れても、リムの余白のおかげで、品の良さが保たれるのがウワスラの魅力。かぼちゃのロースト:ディーププレート(ホワイト)取り皿には、18cmオーバルプレートを重ねて。必要なだけ自分で取るスタイルなら、気軽でスペースいらず。デザート用にも、このサイズを複数枚揃えておくと便利です。人数分のお料理が揃ったら、新年の華やかな宴のスタート。今年も素敵な食器との出会いがたくさんありますように!海苔:オーバルボウルS(コーラル)ウワスラの食器で、楽しいクリスマスとお正月お過ごしください。ウワスラシリーズ 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

「アーバニア」と「ノビリ」のキャンドルで過ごす、大人のクリスマス

ホリデーシーズン到来!クリスマスパーティに新しい年を迎える準備と、心躍る日々が続きます。今回は、クリスマスのホームパーティを幻想的に彩る「アーバニア」と「ノビリ」のキャンドルホルダーをご紹介します。アーバニア キャンドルホルダー 一覧ノビリ キャンドルホルダー 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 ツリーの準備と一緒にクリスマスが近づいたら、ツリーと一緒に準備したいのが、アーバニアのキャンドル。夜のイメージが強いキャンドルホルダーですが、朝の光が差し込む様子もまた美しいのです。スッと上に伸びる背の高い「パンテノン」は、小さめのアイテムと合わせて高低差を出すと、立体感が生まれます。「リトルタワー」は、アーバニアには珍しい円柱型。上部から漏れる光も魅力的です。鉛筆のような六角形の「ギャラリー」(左)は、限定モデルの「テンプル」(右)と組み合わせて。空間が引き締まるシャープなフォルム。どことなくクリスマスツリーを思わせる、今の季節にぴったりの2つです。窓の向こうに透ける陽の光が、季節の変化を感じさせてくれます。 特別な日のティータイム日が落ち始めた夕方に、ほのかなキャンドルのあかりに照らされたテーブルは、陰影の美しさが際立ちます。特別な日のティータイムはキャンドルを主役に。角度を変えると表情が変わるのも、アーバニアの魅力。「チムニー」は煙突と縦長のドアが印象的。少し背の高い「チャーチ」は不揃いの窓があたたかい空気を演出してくれます。飾り棚にはノビリのキャンドルホルダーをディスプレイ。クリスマスツリーのような円錐形と、雪のような丸いかたち。森にぼんやりと光が灯るかのようなやさしい光に包まれます。サイズ違い、カラー違いをいくつか並べると、まるで自然界のグラデーションのよう。1点ずつ手で穴を開けているので、光の漏れ方もそれぞれに異なります。ティーキャンドルはもちろん、LEDキャンドルを使うのも便利。落ち着きのある大人のクリスマスにふさわしい佇まいです。 キャンドルの一番美しい時間そして、キャンドルホルダーといえば、やはり夜。日が落ちて周囲の明かりが消え始めると、キャンドルの一番美しい時間がはじまります。窓際に並んだキャンドルと、窓に映る灯り。うっとりするような柔らかな光に包まれます。大小織り混ぜて飾ると、光にも高低差が生まれ、幻想的な街並みをより一層お楽しみいただけます。冬の始まりからクリスマス本番までずっと活躍してくれる、アーバニアとノビリ。今年のクリスマスは、キャンドルの光とともに、温かい夜をお過ごしください。   アーバニア キャンドルホルダー 一覧ノビリ キャンドルホルダー 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

「アーバニア」と「ノビリ」のキャンドルホルダーで冬じたく

冬が近づくと、あたたかいキャンドルのあかりが恋しくなりますね。日本ではあまり馴染みがないキャンドルですが、ケーラーが生まれたデンマークでは生活に欠かせない存在です。今回は、長年北欧の家庭で親しまれてきた家型のキャンドルホルダー「アーバニア」、クリスマスモチーフの「ノビリ」をご紹介します。オブジェとしても素敵なキャンドルホルダーは、お家でのクリスマスにも活躍します。冬本番が来る前に、ゆっくり選んでください。アーバニア キャンドルホルダー 一覧ノビリ キャンドルホルダー 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 見せる収納のアクセントに本格的なクリスマスの用意にはまだ早い。そんな時は、さりげなく棚に置いて気分を盛り上げて。インテリアと収納を兼ねたアーバニアの居場所を作っておけば、冬だけでなく1年中ずっと楽しめます。毎年ひとつずつ買い足している方も多い、アーバニアのキャンドルホルダー。こんな風にお持ちのコレクションや食器と合わせていくつか並べると、食器棚にリズムが生まれます。 ベッドルームやキッズルームにもベッドルームには、ノビリとアーバニアを組み合わせて。「ノビリ キャンドルホルダー120mm」には、小さな煙突がかわいい日本別注のアーバニア「チムニー」が最高の組み合わせ。キッズルームにもよく似合うコロンとかわいらしい雰囲気です。どちらも両手に乗るぐらいのコンパクトサイズなので、玄関や出窓など、ちょっとしたスペースにぴったり。おやすみ前には、アロマキャンドルを入れて、香りを楽しむのもおすすめです。 デスクにも遊び心をもちろん、デスクの上にも。普段はオブジェとして。暗くなってきたら、キャンドルの火を灯して、リラックスタイムに。ふと目を向けた先にキャンドルがあると、暮らしの格が上がった気分になるから不思議。ゆらゆらと揺れるあかりを独り占めできる、ぜいたくな時間です。夕方頃にはこんな明るさに。壁に映る影もそれぞれ。たくさん並べて、あなただけの街並みを楽しんでください。(左:アーバニア マナーハウス、右:ファンクションハウス) 主役にも、引き立て役にもなるアーバニア真っ白なアーバニアは、白い壁にもよく映えます。他のインテリアを引き立てながら、それ自身も主役になれる、ちょうどいい存在感。背の高い棚には、「ノビリ キャンドルホルダー255mm  」を。ノビリは、ナチュラルな小物との相性も抜群。アンティークにもなじむ、繊細な色づかいが魅力です。アーバニアとノビリの組み合わせで、さりげなくクリスマスらしさを演出。アーバニアもノビリも1点ずつ手づくりなので、窓の大きさや位置にも、個体ごとの微妙な個性が生まれます。そのゆるやかさ、やわらかな曲線も含めて、ケーラーのキャンドルホルダーの魅力。窓から漏れるランダムな光の美しさを感じてください。 さまざまな形・サイズで街並みのようにずらりと並べるとこんな感じ。アーバニアは4面すべてが異なるので、90度回転させるだけで表情がガラリと変わります。キャンドルを入れるための口も個性的。口を大きく開けたような「タウンハウス」(左から4番目)は2020年の新商品です。キャンドルの光を灯した「タウンハウス」(左から4番目)と「チムニー」(右から2番目)。大きさも高さもアイテムごとに少しずつ異なるので、組み合わせを考えるのも楽しい時間です。   アーバニア キャンドルホルダー 一覧ノビリ キャンドルホルダー 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

【KÄHLER】URBANIA 新モデル入荷

家やビルの窓から明かりが漏れる、ケーラーの「URBANIA(アーバニア)」シリーズのキャンドルホルダーに新作が入荷しました。今回、新たに2種類の新モデルが登場しました。そのうちの1つ、「チムニー」は日本限定モデル。屋根の真ん中から伸びる煙突が、おとぎ話に出てくるようなキュートな形のおうちです。もう一方の「タウンハウス」は、色々な形状の窓がくり抜かれており、見る方向によって、異なる表情を楽しむことができます。URBANIA(アーバニア)デンマークの伝統的なクリスマス飾りからインスピレーションを受けてデザインされたアーバニアシリーズのキャンドルホルダー。ひとつひとつ職人によりきめ細やかにくり抜かれたキャンドルハウスの窓からは、温かく優しい光が漏れだします。オブジェとして飾るだけでも素敵ですが、やっぱりキャンドルの光を灯して楽しんでいただくのがおすすめ。夜だけでなく、まだ少し薄暗い朝の時間や夕暮れ時など、時間によって少しずつ表情を変えていくキャンドルの街並みを眺めながら、のんびりとした時間を過ごしてみはいかがでしょうか。キャンドルホルダー【日本限定】チムニー¥5,500 [tax in]商品ページを見るキャンドルホルダータウンハウス¥4,950[tax in]商品ページを見る  アーバニアの全アイテムを見る

BRAND LIST

PICK UP ITEMS

COLUMN

【スタッフコラム】今年は「花のある生活」を!簡単にできる『花の飾り方』『花瓶の選び方』をご紹介!

スタッフコラム ~vol.5~本年も毎日使いたくなる北欧の商品をご紹介できたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。さて、新年を迎えると「今年こそはこれをやってみよう!」と抱負を考える方も多いのでは?資格、習い事、スポーツなど、新しいことを始めるのには、少しだけ勇気が必要ですよね。今回は「今年は花のある生活を!」とご自宅でお花を飾ってみようと思っている方へ、その決意をサポートできるような内容でお送りします。どんな花を飾りたいか考えてみましょう~気軽な1本買い~母の日や結婚祝いなどで、お祝いの花束は買ったことがあるけれども、自分で飾るためにお花を買いに行くのは初めてという方は多いのではないでしょうか。ラッピングされた素敵な花束は高価な印象ですが、自宅用として、一本からでもお花の購入が可能なお店がほとんどです。ぜひ自分の直感で、「すてきだな!」と思えるお花を一本だけ買ってみる、という手軽な挑戦から始めて見るのはいかがでしょうか?~楽々ブーケ買い~500円前後のサービスブーケを販売しているお店も多く見かけます。グリーンとお花のバランスが完成されているので、そのまま生けるだけでとても華やかに飾ることができます。お花屋さんはお店ごとに個性があり、近所のお花屋さんを回って見るだけでも楽しい体験です。またスーパーや市場などでも旬の花束が販売されています。野菜同様、産地直送で販売されているお花はお手頃な価格で日持ちもよく、生き生きとしたお花が多いので、ぜひ今まで見ていなかったお花のコーナーも気にして見てくださいね。できるだけ長く飾りたい方は、グリーンの束がおすすめです。お花よりも日持ちがよく、今の季節であれば1ヶ月以上持つこともあります。水換えが続かない、すぐに枯らしてしまうのが不安という方は、ドライフラワーから始めてみませんか。まるでカフェに出掛けたときのように、お部屋をスタイリッシュに見せてくれますよ。今は花の定期配送などを利用し、インターネットからでも手軽にお花を手にすることができます。自宅周りのお花を扱っているお店を散策し、インターネットとも比較しながら自分にピッタリのお花を探してみてくださいね!買ってきたお花を花瓶に生けましょう買ってきたお花を花瓶に生けます。花鋏(はなばさみ)、なければよく切れるカッターと、桶か大きめのボウルを用意してください。買ってきたお花の包みを開き、輪ゴムでしばってある場合は外しましょう。花びらや葉に傷んでいる箇所があれば取り除いてください。次に、不要な部分の葉を取り除いてください。ちょっともったいない気持ちになるのですが、葉の部分が水に浸かったままとなると、そこから雑菌が繁殖し、傷みやすくなります。花瓶より上に出る部分は残し、それ以外は取り除きましょう。花をカットしていきます。その際、「水切り」をお忘れなく。「水切り」は、花が必要な水分を十分に吸い込み、結果的に長く良い状態をキープするために必要な作業です。作業は簡単です。桶に水を張り、カットする茎を水に浸します。そして花鋏を斜めにいれ、水に浸した状態で、スパッと勢いよく茎をカットします。注意点は、茎の細胞を潰さないように、水の中で、花鋏またよく切れるカッターで切ることです。水の中で切断することで、切り口の乾燥を防ぎ、また茎の導管の中にも空気が入り、吸水しづらい環境になることを防ぎます。以上で準備は終了です。はじめは自宅にある道具を使ってみて、花のある生活が定着してきたら花鋏も検討してください。一つあるととても便利ですよ!花瓶はどれを選べばいい?ラッパ型、円錐型、壺型と様々な形がある花瓶ですが、「花瓶はどのような形がいいですか?」という質問をよくいただきます。初めての購入であれば、壺形をおすすめします。壺型であれば、口径が小さくて、少ない量の花であってもバランスよく飾ることができるからです。同じくらいのサイズの花瓶でも口径が大きいと、どうにも花のバランスがとれず、すかすかで寂しい印象になります。もちろんラッパ型や円錐形も素敵なベースはたくさんあり、私たちスタッフもいくつか所有しています。高さのある花を購入したときや、ボリュームのある花束を頂いたときに使用しています。高さは、10センチから15センチくらいの女性が片手で持てるサイズ感がおすすめです。この大きさであれば壁付けの棚や玄関なども飾りやすく、水換えなどでの移動も負担ではありません。どの色にするかも迷いますよね。王道をいくのであれば、まずはホワイトではないでしょうか。お花を選ばず、シンプルでどんなインテリアにも合い、間違いなく使いやすいです。白い小花との相性は特によく、清潔で可愛らしい雰囲気になります。またご自身のお部屋のインテリアに合わせた色選びも良いと思います。シックでモダンなインテリアが好みであれば、ブラック、インディゴ(濃紺)、シルバー、ブラス(金)を、北欧らしいナチュラル感が好みであれば、ラベンダー、マスタード、ミント(水色)等淡い色がおすすめです。育てているお花から摘んできてバサッと生けたい、ボリュームのあるグリーンが好きという方はジャグも魅力的です。「ついさっき摘んできました」というような勢いのある表情が出ます。注ぎ口の方に斜めに傾けるように飾ることでバランスもバッチリです。もちろん本来のジャグとしての役割でも映えるデザインのため、ある日は花瓶、ある日はコーヒージャグやソースポットとして使用してもいいですね。「お花を買うなんてハードルが高いなあ・・・。」と思っていた方も、お気に入りの花瓶と、ワンコインで買ったお花があれば、あっという間に素敵な「花のある生活」が始められます。私自身も社会人になってからお花を買うようになりましたが、家の中に華やかなものがあると、それだけ幸せな気持ちになります。ぜひ、気負わずに、自分の好みの花瓶を吟味し、早速お花屋さんに足を伸ばしてみてくださいね!

【スタッフコラム】検討中のパパママ必見!リエンダーハイチェアを1年間使い続けた感想レポート

スタッフコラム ~vol.4~お子様の首が座り、離乳食を控えているパパママの皆様、そろそろ子ども椅子をどうしようか悩まれる時期ではないでしょうか。今回は1歳4ヶ月の娘がいる私自身が、リエンダーを実際に使用してみた率直な感想を書いています。抱っこ紐やベビーカーと同じように、もしかしたらそれ以上に、毎日使用するモノだからこそ、後悔のない選択をしたいですよね。リエンダーハイチェアのある生活、ぜひご一読ください。抜群のデザイン性、美しいインテリアとしての「リエンダー」ハイチェア子ども椅子が他のベビー用品と大きく違うところは、「毎日目に入る場所に置かれること。」「使用年月がとても長いこと。」の2点であると思っています。毎日使っている抱っこ紐やベビーカーとのお付き合いは、長くても3−4年になりますが、子ども椅子は小学校高学年、あるいはそれ以上までお子様のための椅子として活躍し続けます。リエンダーは大人が使用しても座り心地が良い椅子です。もしかするとそのまま、キッチンでお母さんがちょっと腰をかける椅子になるかもしれませんし、お子様の勉強用デスクの椅子にシフトするかもしれません。そのため、ダイニングテーブルやソファーを選ぶときと同様、「10年後、20年後も自分達が好きでいられるデザインなのか。」という視点で、子ども椅子を検討した時に、リエンダーはピッタリの椅子だと考えたのです。洗練された曲線で作られたフォルムは我が家の他の木製インテリアとの相性が良く、違和感なくお部屋に溶け込み、存在感を保っています。10年後もきっと今と変わらずお気に入りの椅子でいられる、そんな気がしています。女性が片手で持てる軽さ!フローリングの上もスイスイ移動食事を始めたばかりのお子様は、「上手にご飯を口に入れる」ということがとても難しいです。沢山のご飯をテーブルや床に落としてしまうため、気持ちはずっと汚れを拭いている状態です(笑)。そのため、「動かしやすい=掃除がしやすい」という点に非常に助けられています。女性が片手で持てる重さです。また脚の角が全て丸く、しなっているため、写真のようにお子様を座らせた状態で動かしても、フローリングを傷つけることなく、簡単に移動ができます。食事シーンだけじゃない椅子の活躍シーンは意外と多い購入前は、子ども椅子を使う場面は、食事だけだろうと思っていました。しかし実際には、座っていてもらう時間は意外と多いです。例えば、料理をしているとき、手が離せないけれども、安全に動かない場所にいて欲しい…そのようなときは椅子ごとキッチンに持ってきて、座って遊んでいてもらいます。娘も目線が高く、いつもと違う場所が楽しいようで、下ろして欲しいという要求もなく、楽しく遊んでいます。他にも書き物をするとき、刃物や爪切りを使うときなど、ちょっと動かないで欲しい!という時の子ども椅子。使用頻度は思った以上に多いです。だからこそ、子供にとっても大人にとっても、使いやすい椅子を持っていたいですね。安全面も徹底的に考えられ、どこを触っても大丈夫な設計乳幼児期はとにかく触る、つつく、舐める、のぼる、しがみつく、くぐる等など予想しない沢山の動きをします。そのため、自宅の家具の角を保護するカバーを買ったり、配置を動かしたりと工夫をしました。しかし、リエンダーのハイチェアは金具の箇所を含め、どこから子どもが触っても安全であるよう、丸みを帯びた安全な設計になっています。また、ゆらゆらと身体の動きに合わせて揺れる設計ですが、後ろに倒れることがありません。(今のところ!)つかまり立ちをしたり、ご飯が食べたいときには椅子の周りをのぞいてみたりと、娘も「自分の椅子」として認識しているのか、気が付くとハイチェアのそばに居ることが多いのですが、どこから触っても安全な設計なため、安心して見守っています。トレーやクッションは必要?どこまで必要か悩むアクセサリーチェアの検討をされる際、セーフティーガード、クッション、トレーをどこまで揃えるかも悩みどころではないでしょうか。結論から申し上げると本音は「全部あったほうが良い!」なのですが、一つひとつ、必要性について考えていきましょう。◆セーフティーガードこちらはお座りができるようになった月齢から、2歳程度まで、安全上の理由で絶対に必要です。赤ちゃん用品店で売っているチェアベルトで代用するという手段もありますが、毎食使用時にベルトの固定は中々手間ですし、ベルトの部分は汚れやすいので、固定されたセーフティーガードがベストであると思います。◆クッションレストランに行くと、クッションなしの子ども椅子が用意される場合もあります。もちろん、クッション無しでも問題なく使うことができます。ですが、座り心地と椅子とのフィット感から、ご家庭ではクッションを使った方がリラックスして食事の時間を過ごすことができるかと思います。インテリアも意識して、カラーを選ぶのも楽しいですし、どうしても食事で汚れてしまうので、洗い替えがあってもいいくらいです!◆トレー一番迷われるのは、トレーではないでしょうか。使用しなくても、ご自宅のダイニングテーブルにつけて、食卓を囲めるので、問題なく食事の時間が過ごせるかと思います。しかし、私がトレーが良かったと思う瞬間は2つあります。・意外と子どものリーチが長い!テーブル上の食器に手が届いてしまう。・とにかくこぼす!トレーの上だけなら、後片付けが楽に。子どもの手が届く範囲は意外に広く、1歳児でもおおよそ30センチほど離している物も届きます。写真のように、手に届くものは何でも掴んでみたいお年頃。いつもの癖でテーブルにグラスを置いて目を離したら、グラスの水をこぼした、お皿をひっくり返している等は日常です。トレーがあれば、テーブルとの距離が空くので食卓の触ってほしくない食器等に手が届きません。また、食事後の後片付けも、食べこぼしの範囲がトレー内だけと最小限で済みますよ。我が家はベタベタになったトレーごと一度椅子から外し、中性洗剤で洗って再装着しています。カレーや納豆でべたべたになったテーブルを何回も拭くことを考えると、トレーがあると片付けがスムーズだと感じています。はじめから全て揃っているに越したことはないですが、月齢やお子様の気質などを考慮した上で、まずはハイチェアを購入し、その後買い足してもいいですね。実店舗で実物をご覧いただくと、よりイメージが湧くかと思います。(ショップリストはこちら。)パパママにとっても、お子様にとっても大切なお買い物になるかと思います。ぜひリエンダーハイチェアが、日々の笑顔ある食卓に貢献できれば嬉しいです。

【スタッフコラム】デンマーク流 おもてなしから学ぶ、はじめての「おうちクリスマス」の過ごし方。

スタッフコラム ~vol.3~今年はクリスマスを自宅で過ごす方が多いのではないでしょうか。ご家族や少人数の友人、恋人と「おうちクリスマス」となりますね。今年はじめて自宅にゲストを呼ぶことになった人もいるのでは。自宅に友人を招くときは、その日が待ち遠しく楽しみな気持ちと同時に、どこまで準備したら良いのだろうと、少し悩ましい気持ちもありますよね。今回は自宅へのおもてなし上手なデンマークの人々から学ぶ、ホストもゲストも居心地が良いと感じる「ヒュッゲ」が満載のおもてなし術を紹介します。お気に入りのフラワーベースに花を飾りましょうおもてなしの当日は、お花を生けてゲストをお迎えしましょう。豪華なお花である必要はありません。いつも使っているフラワーベースに、その日の気分のお花を飾るだけでゲストへの歓迎の気持ちが表せます。玄関やカウンターなど、ゲストが来たときに目につく場所も良いですし、グリーンや一輪のお花をテーブルにちょっと生けるだけでも、食卓が華やかになります。「ボタニカ」のフラワーベースはお花屋さんで最近よく見かけるミニブーケのサイズにぴったりです。小ぶりなブーケをバランスよく、可愛らしさを残して生けることができます。「オマジオ」や「ハンマースホイ」の3個セットは、まさしく一輪挿しにふさわしいバランスとサイズ感。たくさんのお花がなくともオブジェのような絶妙なバランスとなります。ちょっとしたイベントを企画しましょう!「去年のクリスマスは一緒にこれをやったよね!」と思い出に残るようなイベントを企画してみるのはどうでしょうか。私のおすすめは皆でお菓子作りをすることです。新たに材料を買わなくても、家にあるものでできるので準備も簡単。材料の用意や場合によっては途中の工程まではゲストが来る前に準備をしておき、クッキーの型抜きやアイシング、スポンジケーキのデコレーションを皆でやってみる等はどうでしょうか。お菓子を焼いているときの甘い香りを皆で共有する時間はまさしく「ヒュッゲ」!特にクッキーなどの焼き菓子は、つい良い香りに我慢できず、焼き立てを頬張ってしまいたくなります。真っ平らの「オンブリア」プレートは、沢山のお菓子の受け皿としてぴったり。ムーンライトブルーのカラーは、優しいクッキーの色合いを引き立て、より一層香ばしく見せてくれます。ギフトの準備「今年結婚したあの人には、ペアでなにか送りたいな…。」「彼女は確かとってもムーミンが好きだったよな…。」と一人ひとりのことを真剣に考えながら選ぶクリスマスのギフトは悩ましいですが、とても楽しい時間です。ぜひクリスマスには、ギフトとともに、日頃伝えきれていないような感謝やハートフルな気持ちをメッセージカードに書いてみてください。どうしてこのギフトを選んだかを書いても良いかもしれません。余裕があれば、ラッピングに挑戦してみるのも楽しいですよ。一人ひとり個別のラッピングやメッセージカードで、思いの詰まったクリスマスギフトを用意してはいかがでしょうか。「ワヤ」シリーズのマグカップはギフトとして大事な方に贈っていただきたい、とても素敵なデザインです。フィンランド製で、こだわり抜かれたフォルムと甘すぎないデザインが魅力。400mlが入る大ぶりのカップは、在宅ワークが日常となり、自宅で温かいドリンクを飲む時間が増えた方に重宝されますよ。ムーミンシリーズのマグカップでは、デザインに合わせた、ムーミンの箱までキュートですね。器の力を借りて、ゆるりと食事の用意を自宅にゲストを招く際に、最難関と言っても良いのが食事の準備です。ランチでもディナーでも、どれくらいの量を用意するべきなのか、前菜にサラダにメインにスープにデザートにと考えていたらキリがなくなってしまい、おもてなし疲れをしてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方は、デンマーク流のおもてなしスタイルが参考になるかもしれません。「基本的に手作りの料理は1品。」「自分が疲れてしまうなら作らない。」「テーブルウェアにはこだわって盛り付け。」これがデンマーク流。作るのは1品!と決めておけば、あとの料理はパートナーに買いに行ってもらうなどすると、自分の負担も減りますよね。もちろん料理が得意な方は何品も用意するなど、人それぞれではありますが、軸はいつも「自分がヒュッゲを感じられるかどうか」です。もし手作りの1品を作るのであれば、オーブンを使った料理をおすすめします。事前準備も手間がかからず、ゲストが来る時間から逆算して出来たてがサーブできますし、40−50分キッチンから手が離せるので、身支度を進めたり他の用意をしたり、時間を有効に使えるからです。また最近充実のテイクアウトやデリバリーは、お気に入りのテーブウェアに、盛り付けをしてテーブルへ。ひと手間ですが、同じ料理でも素敵な器に盛り付けられているだけで、美味しさがぐんと上がるような気がしますね。素敵な器と言えば「オンブリア」シリーズです。食事を盛り付けると、まるでレストランに来たようなシックで上品な食卓になります。食洗機、オーブン、レンジ可能のマルチなお皿でもありながら、特別な日もしっかりと活躍してくれる1枚です。ゲストを楽しませる準備も大事ですが、同じくらい自分も楽しめる食事の時間は大切にしたいものです。デンマーク流を見習って、今年はゆるりと、器の力を最大限に借りながらヒュッゲな食卓にしてください。暖かい部屋で食後のひとときを食事も終え、話題も尽きない中、定番のケーキとたっぷりのコーヒーでくつろぎのひとときを過ごしましょう。ホストの方も後片付けは後ほどゆっくりとし、一緒に暖かい部屋でおしゃべりを楽しむヒュッゲな時間。クッションやブランケットなど、ゲストがよりゆったりと過ごせるファブリックもお忘れなく。時間を気にすることなく、ゆったりとした時間が満喫できるのが「おうちクリスマス」の醍醐味かもしれませんね。ホールケーキには、「オンブリア」の27センチプレートに。『本当はケーキスタンドを使ってみたいけれど、普段はあまり使わないし、、、』と思っている方にも、オンブリアの平皿であれば、普段の食卓、それも和洋食問わずに使えるので、毎日使うことができますよ。写真の様な白いショートケーキだけではなく、チョコレートケーキやチーズケーキなど、深い色合いのケーキでも相性が良いです。ぜひ今年のクリスマスは、自宅でゆっくりと、「ヒュッゲ」なひとときを感じられる1日にしてはいかがでしょうか。デンマーク流のポイントを参考にしながら、自分なりの楽しめるおもてなしの方法を見つけてくださいね!

【スタッフコラム】自宅でクリスマス飾りを楽しむ「ヒュッゲ」な北欧のクリスマスの準備

スタッフコラム ~vol.2~肌寒い日が続く今日このごろ。ふと立ち寄ったお店でクリスマスソングが流れてきたり、お花屋さんにポインセチアが並んだりと、年の瀬が近づいてきたことを感じます。 皆様は、今年のクリスマスをどのように過ごす予定でしょうか。昨年までは連日行われる忘年会やパーティーに走り回っていた方も、今年は自宅でゆっくりと過ごされる方が多いのではないでしょうか。家で過ごす時間が長い今、少しだけ自宅のインテリアをクリスマス仕様にすることで、家族や恋人との特別な時期の温かみを共有したいですね。今回はケーラーのフラワーベースやキャンドルを使った、クリスマスのインテリアのご紹介をします。玄関はシンプルに、お気に入りの置物やキャンドルを並べてみましょう。アーバニアは、デンマーク生まれのキャンドルホルダーです。サンタやトナカイ、ニッセの置物と一緒に飾ると、彼らの大切な家のようにも見えますね。帰るのが楽しみになるかわいらしい玄関になります。高さに余裕がある場合は、アーバニアとノビリのキャンドルホルダーを組み合わせて飾ると、季節感が出ますよ。  お部屋に飾り棚やカウンターがある方は、植物とフラワーベースでクリスマスを演出してみてください。大きなツリーがなくても大丈夫。ナチュラルなインテリアを好まれる方は、オマジオベースに、枝をツリーに見立て、オーナメントをバランスよく飾ってみても。大人らしいシックなインテリアが好みの方は、ゴールドやシルバー、ホワイトなど落ち着いた色合いのフラワーベースに、アクセントでレッドが組み合わされたグリーンを飾るのがおすすめです。中でも水やりがハードルとなって花を活ける習慣がない方や、長い期間一つの花を楽しみたい方はドライフラワーがぴったりです。写真のグリーンはグリーンスワッグを購入し、吊るさずに生けています。ダイニングテーブルはぜひキャンドルを灯してみてください。薄暗い中で灯るキャンドルは非日常を演出してくれます。もちろん置物としても素敵ですが、実際にあかりを灯してみることで違った一面を見ることができます。とはいえ、火を使ったキャンドルの使用のハードルが高い方にはLEDキャンドルがおすすめです。雰囲気をそのままに、安全にキャンドルナイトを楽しめますよ。照明を落とし、コーヒーやホットワインを片手に、ほのかな灯りで大切な人と語らう時間を過ごしてはいかがでしょうか。「家族のために!」「子どものために!」と部屋を掃除して、大きなツリーを出して、オーナメントやライトをつけて・・・と準備に一生懸命になるあまり、ちょっと息切れしてしまう方もいるかもしれません。頑張りすぎず方の力を抜いて、わくわくした気持ちでクリスマスの準備を楽しみたいですね。いつも使っているフラワーベースを使って、素敵だと思えるキャンドルやオーナメントを少しだけ買い足して、自宅で楽しみながらクリスマスの準備をしませんか。

【スタッフコラム】北欧食器「ウワスラプレート」で毎日楽しいおやつタイム

スタッフコラム ~vol.1~スキャンデックススタッフの、日々の暮らしで愛用している器や花びんの様子を、不定期で紹介していくコラムをスタートします。1回目は、「北欧食器『ウワスラプレート』で毎日楽しいおやつタイム」をテーマにお届けします。ウワスラ商品一覧へちょっと小腹を満たしたい、気分を変えたい、でも「ティータイム」と名乗るほど敷居は高くない、そんな毎日の「おやつタイム」。在宅勤務の時間が増え、ほっと一息コーヒーを淹れて簡単なおやつをつまむ何気ないひとときが増えた方もいれば、日々お子様のおやつに頭を悩ませている方もいらっしゃるかと思います。そんな「おやつタイム」にぴったりなウワスラのオーバルプレート。一番の魅力は使い勝手の良さ。シンプルで汎用性が高く、素朴な手作りケーキ、子どもに向けたおやつプレートまで、おやつを上品に見せる一枚です。色んなサイズがあって悩んでしまう、、、という方には食事の取り分けも兼ねて使える18センチがおすすめ。ケーキ皿や果物の取り分け皿として、何かと出番の多いサイズです。18センチプレートは、小ぶりなケーキのかわいらしさを引き出し、お店で出てくるような仕上がりになります。オーバルプレート 18cm イエロー また、ちょっと大きめのアメリカンサイズのケーキでもしっかりとお皿に収まります。クッキーやナッツ等をつまむ程度に食べたいときも、手にとるのはこのお皿。リムがしっかりしているので、少し汁気があるものや、こぼれやすいお菓子も安心して盛り付けることができます。オーバルプレート 18cm ホワイトオーバルプレート 18cm ホワイト 次におすすめなのが22センチプレートです。お煎餅やドーナツなど、大ぶりのおやつは意外と多く、小さめのお皿に乗せるとアンバランス。また、お子様がいるご家庭では、一種類のおやつでは物足りない、または栄養面を考えて、いくつかのおやつと果物を一緒に出したりしませんか。22センチのプレートは、パスタプレートには小さいけれども、パンを複数のせたり、おやつプレートを作ったりするのにジャストなサイズ感。気取らない適度な余白がおやつを美味しそうに見せてくれますね。オーバルプレート 22cm イエローオーバルプレート 22cm イエロー あまり見かけない形のオーバルボウルは食べかけのお菓子などを仮置きする、ストック場としても活躍します。スタイリッシュなデザインであるため、テーブルの上に置きっぱなしにしても気にならないのが良いところ。サラダやお花を飾る王道も勿論素敵ですが、オフィスのデスク横やダイニングテーブルのおやつ置き場にいかがですか。オーバルプレート 18cm ホワイト/オーバルボウル M グレー/マグカップ イエロー 10月も終わりが近づき、いよいよクリスマスシーズン到来ですね。クリスマスに向けて、クリスマスクッキーを焼かれる方も多いのでは?デンマークでは、あちこちで売り出されるクリスマスクッキーの香りが、クリスマスの到来を教えてくれるそうです。ご家族、ご友人、同僚と、クリスマスクッキーをお供にコーヒーを飲む。クリスマスを感じる幸せな時間ですね。オーバルプレート 18cm イエロー/マグカップ イエロー クリスマス、そしてお正月の準備と、これから年末にかけて忙しい毎日をお過ごしになると思います。そんな時こそ、お気に入りのお菓子と飲み物で、ホッと一息。お気に入りの器に助けられながら毎日をお過ごしくださいね。ウワスラ商品一覧へ

「アーバニア」と「ノビリ」のキャンドルホルダーで冬じたく

冬が近づくと、あたたかいキャンドルのあかりが恋しくなりますね。日本ではあまり馴染みがないキャンドルですが、ケーラーが生まれたデンマークでは生活に欠かせない存在です。今回は、長年北欧の家庭で親しまれてきた家型のキャンドルホルダー「アーバニア」、クリスマスモチーフの「ノビリ」をご紹介します。オブジェとしても素敵なキャンドルホルダーは、お家でのクリスマスにも活躍します。冬本番が来る前に、ゆっくり選んでください。アーバニア キャンドルホルダー 一覧ノビリ キャンドルホルダー 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 見せる収納のアクセントに本格的なクリスマスの用意にはまだ早い。そんな時は、さりげなく棚に置いて気分を盛り上げて。インテリアと収納を兼ねたアーバニアの居場所を作っておけば、冬だけでなく1年中ずっと楽しめます。毎年ひとつずつ買い足している方も多い、アーバニアのキャンドルホルダー。こんな風にお持ちのコレクションや食器と合わせていくつか並べると、食器棚にリズムが生まれます。 ベッドルームやキッズルームにもベッドルームには、ノビリとアーバニアを組み合わせて。「ノビリ キャンドルホルダー120mm」には、小さな煙突がかわいい日本別注のアーバニア「チムニー」が最高の組み合わせ。キッズルームにもよく似合うコロンとかわいらしい雰囲気です。どちらも両手に乗るぐらいのコンパクトサイズなので、玄関や出窓など、ちょっとしたスペースにぴったり。おやすみ前には、アロマキャンドルを入れて、香りを楽しむのもおすすめです。 デスクにも遊び心をもちろん、デスクの上にも。普段はオブジェとして。暗くなってきたら、キャンドルの火を灯して、リラックスタイムに。ふと目を向けた先にキャンドルがあると、暮らしの格が上がった気分になるから不思議。ゆらゆらと揺れるあかりを独り占めできる、ぜいたくな時間です。夕方頃にはこんな明るさに。壁に映る影もそれぞれ。たくさん並べて、あなただけの街並みを楽しんでください。(左:アーバニア マナーハウス、右:ファンクションハウス) 主役にも、引き立て役にもなるアーバニア真っ白なアーバニアは、白い壁にもよく映えます。他のインテリアを引き立てながら、それ自身も主役になれる、ちょうどいい存在感。背の高い棚には、「ノビリ キャンドルホルダー255mm  」を。ノビリは、ナチュラルな小物との相性も抜群。アンティークにもなじむ、繊細な色づかいが魅力です。アーバニアとノビリの組み合わせで、さりげなくクリスマスらしさを演出。アーバニアもノビリも1点ずつ手づくりなので、窓の大きさや位置にも、個体ごとの微妙な個性が生まれます。そのゆるやかさ、やわらかな曲線も含めて、ケーラーのキャンドルホルダーの魅力。窓から漏れるランダムな光の美しさを感じてください。 さまざまな形・サイズで街並みのようにずらりと並べるとこんな感じ。アーバニアは4面すべてが異なるので、90度回転させるだけで表情がガラリと変わります。キャンドルを入れるための口も個性的。口を大きく開けたような「タウンハウス」(左から4番目)は2020年の新商品です。キャンドルの光を灯した「タウンハウス」(左から4番目)と「チムニー」(右から2番目)。大きさも高さもアイテムごとに少しずつ異なるので、組み合わせを考えるのも楽しい時間です。    アーバニア キャンドルホルダー 一覧ノビリ キャンドルホルダー 一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

「一輪挿し」と「ひと瓶ひと花」で、花のある暮らしを始めませんか? ―オマジオ編―

お花に囲まれている生活って素敵ですよね。おうち時間が増えて「家にさりげなくお花を飾ってみたい」「簡単でオシャレに見える方法が知りたい」と思っている方は多いはず。スキャンデックスでは2回にわたって、はじめて&ビギナーの方を応援するフラワーベース特集をお送りします。前半はデンマーク生まれの陶磁器ブランド・ケーラーから、もっとも有名なシリーズのひとつ「omaggio」(オマジオ)を使った「今日からできる簡単生け花」をご紹介します。(後半は10月21日(水)配信を予定しております。)オマジオ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 万能カラー ブラック人気シリーズのオマジオ。ですがデザインのインパクトが強いため、なかなか手を出せない方もいらっしゃるようです。そんな方にまずおすすめしたいのは「ブラック」のオマジオです。ナチュラルな生成りのファブリックや、明るい北欧インテリア家具にも合う万能カラーです。Sサイズなら、一輪さっと飾るだけでこの通り。ちょっと空間が寂しい場所に、置いてみてください。ミニサイズ 3個セットも扱いやすい花瓶のひとつ。こちらもそれぞれに一輪ずつ入れるだけでいいので、初心者の方でも簡単です。テーブルに1つ、玄関に2つ… … 、ちょっとしたスペースに自由に飾ってみてください。 洗面台や水回りには、透明感のあるカラーを洗面台や水回りには、落ち着いた、透明感のあるカラーがおすすめです。スペースが許すのなら、高さ約20cmのMサイズも一緒に。ボリュームのある花をバサっと入れるだけなので、コツも要らず、とっても簡単です。清潔感を出したい場所にはぜひ「パール」を。朝の光を反射して、キラキラと光る姿はうっとりするほどきれい。模様がシンプルなので、インパクトのある花を飾るとよく映えます。オマジオは一つひとつ手描きで作られており、筆跡や色の濃淡といった個体差も魅力のひとつ。「グラナイトグレー」は、そんな手描きのニュアンスをもっとも感じられる色でもあります。工業製品では為し得ない、職人たちのクラフトマンシップを味わってください。 二面性のある スカーレットMサイズはこのぐらいの大きさ。花屋でカットせずに買ったお花を、そのまま入れればちょうどいいサイズ。この存在感がお部屋にメリハリを与えてくれそうです。定番の「スカーレット」は、北欧らしいかわいらしさもあり、落ち着いたインテリアにも似合う二面性に魅了されます。ひとつあるとさまざまなシーンで活躍します。 インテリアを格上げしてくれる ブラス最後に、ぜひチャレンジしていただきたいのが「ブラス」。色の濃い花を飾るとオリエンタルな雰囲気が際立ち、和室にもアンティーク家具にもよく合います。 限定色のブラスは華やかで存在感があり、Sサイズでもこの迫力。置くだけで確実にインテリアを格上げしてくれる、他にはないフラワーベースです。今回ご紹介した商品は以下のリンクよりご覧いただけます。後編ハンマースホイ編も公開中!  コラムに登場したアイテムオマジオ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

「一輪挿し」と「ひと瓶ひと花」で、花のある暮らしを始めませんか? ―ハンマースホイ編―

お花に囲まれている生活って素敵ですよね。「家にさりげなくお花を飾ってみたい」「簡単でオシャレに見える方法が知りたい」と思っている方は多いはず。スキャンデックスでは2回にわたって、はじめて&ビギナーの方を応援するフラワーベース特集をお送りします。前編の「Omaggio」(オマジオ)編に続き、後半はデンマーク生まれの陶磁器ブランド・ケーラーから、気品あふれる繊細なラインが美しい「Hammershoi」(ハンマースホイ)を使った「今日からできる簡単生け花」をご紹介します。ハンマースホイ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 一輪挿しに便利なミニサイズまずは、一輪挿しに便利なミニチュア3個セット。3つ一緒でも1つずつでも使えるので、組み合わせを考えるのも楽しいひとときです。お花がない時はそのままでインテリアになるので、「何か飾らないと!」と焦らなくても大丈夫。お庭のお花を切って、このようにさりげなく挿してみましょう。このフォルムのおかげで何を入れてもサマになります。写真の「ローズ」系セットのほかに、「グリーン」系、「インディゴ」「ホワイト」があります。続いて、ミニチュアより少し大きなミニサイズ。こちらも一輪挿しにちょうどいい大きさです。定番の「ホワイト」は和洋どちらにも合わせやすく、さまざまなシーンで活躍します。細いラインのおかげで、どこか日本的な雰囲気も漂うハンマースホイ。何でもないけれど美しい。そんな洗練された品性を感じさせます。ミニチュアとミニサイズは卓上にちょうどいいサイズ。色やサイズも混ぜて、あなただけの組み合わせを楽しんでください。 ぷっくり、コロンとしたフォルムのSサイズSサイズはぷっくりとしたフォルムなので、お花を数本用意してボリュームを出すと、バランスよく飾れます。写真は、薄いブルーグリーンのようなカラー「ミント」。静かで落ち着いた部屋に似合う、端正な佇まい。光が当たって滑らかな艶が生まれる瞬間が本当に美しいので、ぜひ光の差し込む窓のそばに飾ってください。 サイズ、カラー違いで表情豊かに同じ「ミント」を明るい部屋に置くと、また違った雰囲気に。青白磁のような繊細な色合いには東洋の美も感じられ、ハンマースホイが日本で愛される理由がわかります。同じMサイズでも、カラーが変わるとこの通り。インディゴより少し薄めの「アンスラサイト」は、ホワイトが混ざったようなニュアンスが魅力的。和洋ともに使い勝手がよく、お花を選ばず飾れるので、大きな花瓶デビューにおすすめ。ハンマースホイらしい繊細なカラーです。 安定感抜群のLサイズ床置きなら、さらに大きなLサイズを。枝物をそのまま入れるだけで、部屋の雰囲気が一変します。フレッシュなグリーンは落ち着いた「インディゴ」とよく合います。玄関やお部屋の入り口に。重めの枝を入れても倒れることもなく、安定感も抜群。長持ちする枝物なら、メンテナンスも簡単です。鉢植えを置くようなイメージで、お好きな枝物を自由な感性で飾ってみてください。今回ご紹介した商品はこちらよりご覧いただけます。  ハンマースホイ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

幸福の国デンマークの、子どもの自主性・自立性を大切にする、リエンダーハイチェアのデザイン

世界一幸福な国として有名なデンマーク。デンマークの人々は、人としてのウエルビーイング(幸福;心身ともに健康であること)をとても大切にしています。そして、人は自己の価値を尊重されるべきであると考えられています。この考え方は、デンマークの子どもの育て方にも反映されています。デンマークでは、一人ひとりの子どもの人格や個性が大切にされています。 子どもによって成長の速度が違います。興味や関心も異なれば、得意不得意も違います。それが自然なことなので、子ども同士を比較したりしません。周りが子どもに何かしなさいと「やらせる」のではなく、子どもの「やりたい」を重視し、子どもが自発的にやるまで見守ります。大人たちは、一生懸命、子どもの気持ちを聴き、子どもと対等に話す「対話」を大切にします。 子どもたちは、そのように、周りから一人の人として尊重される中で、自分で考えて自分で選択していく自立性を養い、自分らしく生きる力を育んでいきます。 ところで、「森のようちえん(保育園)」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 「森のようちえん」とは名前の通り、“森”がようちえんです。森のようちえんの中には、園舎を持たずに、バスが園舎の代わりのところもあります。子どもたちはお弁当やおやつなどをリュックに詰めて、森に行き、五感をフル活用して遊びます。「みんな違っていい」「子ども時代は子どもらしく」というのがモットーです。子どもたちは、自然とのかかわりの中で、自分でものごとを考えて判断する力を養い、人と比較せずに自分らしく豊かに生きる大切さを学んでいきます。このように子どもの自主性、自立性を大切にするデンマークで、子どものウエルビーイングを考え抜いてデザインされたイスがあります。 リエンダーのハイチェアです。 デザイナーのスティグ・リエンダーさんは、どうしたら子どものより自然な成長をサポート出来るか、どうしたら自発的に離乳食を食べたいと思ってくれるか、どういう作りだと自然と背筋が伸びてよい姿勢を保てるか、また子どもがより心地よく座っていられるか、、、など、どうしたら子どもの自然な成長をサポートできるか、子どもの動きや表情を徹底的に観察して、何度何度も試行錯誤を繰り返して、「子どもの座り心地をデザイン」していきました。リエンダーのハイチェアは、デンマークの子育てで大切にしていることが、全て詰まっているのです。 子どものウエルビーイングを考え抜いて、子どもの座り心地を美しいデザインとして生み出したリエンダーのハイチェア。 リエンダーのハイチェアが包摂している、デンマーク流の子どもへの接し方は、私たちに子どもとのかかわりにおける大切なことを教えてくれているかもしれません。リエンダーのアイテムを見る

幸福の国デンマークの、心やわらぐヒュッゲなおうち時間

家で過ごす時間が長いデンマークの人たちにとって、家はヒュッゲの中心で、おうち時間をとてもとても大切にしています。ところで、Hygge(ヒュッゲ)という言葉は、どこから来たのでしょうか。 遡ること200年以上前、1800年代の初めごろ、ノルウェー語の「ウエルビーイング(幸福)」という概念から来ているといわれています。実は、1397年から1814年まで、デンマークとノルウェーは一つの王国だったのです。ノルウェーにはヒュッゲという概念は残っておらず、デンマークでのみ大切に伝わっている、というのも興味深いです。「ヒュッゲは訳されるべき言葉ではありません-感じるものです。」(トーブ・マレン・スタッケスタッド、作家)デンマークの人たちは、おうち時間のヒュッゲが大好きです。そして、長い時間を過ごす家の中で、ヒュッゲをより感じられるように、インテリアにとてもこだわっています。お家でのヒュッゲなインテリアに欠かせないのが、花びん。この花びんをめぐって、デンマークでは2014年に「花びん騒動」が起こったのはご存知でしょうか。デンマークで180年近い歴史を持つ、陶器メーカーのケーラー社が、2014年8月25日に限定花びん(オマジオ・アニバーサリー・ベース)を発売したところ、お店の外は長蛇の列となり、オンラインショップにも1万5千人以上が殺到して、なんとウエブサイトがクラッシュしてしまいました。デンマークで製品をめぐってここまで騒動となるのはとても珍しいことで、彼らのインテリアに掛ける情熱と共に、「花びん騒動」といわれています。 ※ケーラー創業175周年を記念して登場した「ブラス」色は発売当時、デンマークにおいても、日本においても大きな話題を呼びました。この「花びん騒動」に発展したケーラーの花びんは、オマジオシリーズ。デンマークでは65%以上の家庭にあるといわれているほど人気が高いものなのです。ストライプ模様が特徴です。このストライプの線、実は職人さんが一本一本手描きしています。人の手のぬくもりが、シンプルでシックなデザインと相まって花を引き立てるとともに、オブジェとしてもインテリアにしっくりなじみ、お家時間を大切にするデンマークの人々に愛されています。そして、最近デンマークで大変人気なのが、ハンマースホイシリーズの花びん。優美な溝と気品あふれる美しいフォルムが特徴のエレガントなシリーズです。ハンマースホイも職人さんが型を作り、釉薬をつけて、丁寧に製品を作り上げています。流れる釉薬の表情や焼き色、どれ一つとっても同じものはありません。花びんの口が少し狭まっているので、お花をとても生けやすく、スタイリストさんたちにも人気です。デンマークならではの柔らかい色合いや豊富なサイズも、見ているだけで心が和み、自分好みの色でお気に入りの空間を作ってみたくなります。 ※ハンマースホイシリーズはカラーラインナップの豊富さも人気の理由の一つ。現行色では、優しい色合いのものから、ビビッドなカラーのものなど7色が揃います。デンマークでは、コロナの影響で、よりおうち時間を心地よくするために、自分へのお花を購入する女性が増えているといいます。最近のデンマークのトレンドは、ドライフラワー。日本ではまだなじみがあまりないかもしれませんが、ドライフラワーは、“eternity bouquets”といわれており、“永遠の愛”という意味を持っています。私たちも、忙しい毎日に少し足を止めて、お気に入りの花びんを用意して、ドライフラワーを飾ってみる…。もしかしたら、そんなひと手間が、おうち時間をより心地よくしてくれるのかもしれません。素敵な毎日を過ごされますように。ケーラーのフラワーベース シリーズ一覧 

幸福の国デンマークのあかりがつくる、心やわらぐヒュッゲなおうち時間

デンマークといえば「世界で最も幸せな国」として有名です。国連の幸福度ランキングでも156か国中、常にトップランクにいます(日本は残念なことに62位です。*2020年度)。 その一方で、デンマークは寒くて暗くて長い冬が10月から3月まで続きます。そして、一年の半分近くが雨。自然の光を浴びる時間が極端に少なく、光を浴びないことによって鬱になる人が、人口の15%もいるといわれています(あかりが少ない時にだけ発症するため、冬の鬱やウインターブルーともいわれています)。 これらの厳しい環境の中で、なぜデンマークの人々は幸せを感じて暮らせているのでしょうか。そのヒントは、デンマークの人々が最も大切にしている“Hygge(ヒュッゲ)”にあるのでは?と、いわれています。デンマーク語でヒュッゲは、自分にとっての心地良い時間や空間などを意味する概念です。何が自分にとって大切で、何が心安らぐのかには、正解も不正解もありません。デンマーク人は、家でのヒュッゲな時間が大好きです。そして、家でのヒュッゲに欠かせないのが“あかり”。ひとりで、家族や仲間たちと、キャンドルや照明の柔らかなあかりと共に、ゆるやかに流れる時間…デンマークの人々の幸せな生き方の中に、あかりはヒュッゲと共に深く根差しています。デンマークの人々が大切にするヒュッゲを体現する照明といえば、LE KLINT(レ・クリント)。1943年から、デンマークで長きに渡り愛されている照明ブランドです。レ・クリントのあかりは、職人の手仕事による“折り”のデザインが特徴です。規則的に続く折りが美しい陰影を生み出し、透過性の高い素材が相まって、一日の時間の経過とともに、様々な表情を見ることが出来ます。あかりをつけなくても、オブジェとしても美しいともいわれ、2003年には、デンマーク王室御用達にも選定されました。 レ・クリントは、世界的なブランドになっても、デンマークの人々が大切にするヒュッゲを体現するブランドであり続けるために、創業の地デンマークのオーデンセにある工房で、熟練した職人たちによる製造を守り続けています。一方で、その伝統を守りつつも、より使う人がより心地よく感じるあかりを届けたいとの思いから、Bluetoothで簡単に調光ができるオランダPhilips社の電球Philips Hue電球とのコラボレーションを6月から始めました。携帯電話からも簡単に明るくしたり暗くしたり、気分や時間帯に合わせてあかりを自分仕様にコントロールすることができます。レ・クリントのやわらかくゆるやかな時が流れるようなヒュッゲなあかりを、デンマークよりお届けし続けていきます。そして、ヒュッゲをつくるあかりといえば、キャンドルのあかり。 一年中を通して、デンマークの人々はキャンドルを灯し、柔らかく心地よい空間を作ります。キャンドルの中でも、年間を通してデンマークでとても人気があるのが、Kahlerのキャンドルラホルダー、Urbania(アーバニア)シリーズ。デンマークの伝統的なクリスマスの飾りからインスピレーションを受けて生まれた、真っ白なお家の形をしたキャンドルホルダーです。キャンドルの中にあかりを灯すと、たくさんの窓から、柔らかい光が漏れて、夕暮れ時のような柔らかい暖色系のあかりに癒されます。窓は、職人さんが一つ一つ手仕事で開けていて、窓の形も個性があり、ほっこりします。いろいろなお家を集めて、ヒュッゲな街を作ってみたい気持ちになります。窓からこぼれてくるあかりの揺らぎと共に、ヒュッゲなおうち時間が訪れるようです。 私たちも、家で過ごす時間が長くなってきました。 おうち時間の先輩のデンマークで、長きに渡り愛されているレ・クリントを自分好みの明るさに調光し、アーバニアの温かくやわらかなあかりを灯して、おうち時間をより心地よくするのも良いかもしれません。皆様がより心やわらぐヒュッゲな時間を過ごされますように。 次回はヒュッゲについてもう少しお伝えしたいと思います![レ・クリント]のアイテムを見る [ケーラー]アーバニアのアイテムを見る

【VAJA Finland】メイド イン フィンランドへのこだわり

フィンランドの有名ブランドで培った経験をもとに、フィンランド製にこだわり、フィンランド・デザインのDNAを伝えるために立ち上げた話題の磁器ブランド、VAJA Finland(ワヤ フィンランド)がついに日本に初上陸をはたしました。高い品質で実用的な製品への情熱から生まれたVAJA Finland創設者のひとり、フレッドは1990年代にスウェーデンのロールストランド製陶所にあった窯業学校で陶磁器のモデリングについて学んだ後、1999年からフィンランドの有名ブランド、アラビアに勤務。約10年間、おもにモデリングとプロダクト・デベロップメントを担当していました。そしてパートナーであるもう一人の創設者、ヘンナはデザイン学校でファッション・デザイン、プロダクト・デザインを学び、2004年からアラビアに勤務しました。ふたりはアラビアで働いていた頃、磁器の原料がもたらす課題解決への挑戦や、ハンドクラフトの技術に対する敬意ということに、ともに関心を持ち続けていました。これがVAJA Finlandの始まりとなるとは...当時の二人はまだ気づくこともなく。 その後、二人はアラビア(フィスカース社)を退職し、ヘルシンキから東へ約100 kmにある海沿いの小さな町、ロヴィーサに移り住みます。 海と近くに森があるこの牧歌的な町は、彼らに多くのインスピレーションを与えてくれました。そこで、セラミックモデルメーカーとデザイナーの専門知識を組み合わせると、どんなものが生み出されるかを試してみることにしました。大きな庭の小屋を改修し、そこで製品計画、開発、生産を開始したのです。そして2011年、彼らはフィンランド第2の古都、ポルヴォーでVAJA Finlandを設立します。 VAJAとはフィンランド語で小屋を意味します。それまで製作をしていた自宅庭の小屋がVAJA Finlandの始まりという意味を込めて、ロゴにも小屋をイメージした線描が施されています。 ポルヴォーはハンドクラフトの伝統を継承する地域としても知られていて、彼らがこの地を選んだことには縁のようなものが感じられます。フィンランドで生まれ、フィンランドで作るデザインVAJA Finlandの目指すところは、フィンランドでのもの作りを次々に海外へと移行していくメーカーが増え続ける中、自国において、何世代でも使い続けられる使い心地の良いテーブルウェアを作ることです。厳選された原材料を使用した磁器は、現代のライフスタイルに適し耐久性に優れ、食洗機、オーブン、電子レンジにも対応しています。また、人の手によってなされる工程を持つ製品も、フィンランド・デザインの継承として大切にしています。 そして、それらを美しくシンプルなフォルムや、グラフィカルあるいは装飾的なパターンが広がるデザインとすみやかに融合できるのがVAJA Finlandの強み。工場では常に生産チームとデザイナーの双方が密接に連携し、最高の品質レベルを保証します。さらに、日々新しいもの作りに挑戦することにも余念がありません。それもまた、工場内に製品開発、生産、そしてデザインと、全てのチームが集まっていることで可能となりうるのです。ついに、日本初上陸!日本初上陸の記念すべき第一弾アイテムはマグカップ。すっきりとしたフォルムのマグカップに、SIRKUS(サーカス)という名の遊び心のあるパターンがプリントされた北欧らしさを感じるデザインです。スタッキングできるなど使い勝手もよくフィンランド本国でも高い人気を誇る逸品。専用箱入りでプレゼントにも最適。これからの季節はクリスマスギフトとしてもおすすめです。マグカップ 0.4L Sirkus(サーカス)ブルー、レッド/グリーン、ブラックの3色展開 各3,850円(税込)マグカップ SIRKUS 0.4Lを見る創設者の2人よりスペシャルメッセージ-湖、そしてまもなく雪で真っ白に覆われる大地の国、フィンランドより-海沿いの小さな町。私たちは日々の暮らしの中で、フィンランドの自然や季節の変化からたくさんの閃きを受け取ります。そしてそれらは、ここフィンランドで生産される高品質で機能性のあるVAJA Finlandコレクションの本質を支える大切な要素となっています。日本でVAJA Finlandの製品を展開できることを大変嬉しく思います。まずは是非手に取ってみてください。きっと毎日の食卓が楽しくなるはずです。 Fred OwrenHenna LambergFred Owren(フレッド・オウレン)1990年代にスウェーデンのRörstrandに属する窯業学校で陶磁器のモデリングに付いて学んだ後、1999年より10年間、ARABIAのファクトリー、プロダクションに勤務。主にモデリングと製品開発を担当。2008年FISKARS社を退社。2011年、VAJA Finland設立。同社では主にシェイプのデザイン、モデリング、製品開発を担当。 Henna Lamberg(ヘンナ・ランバーグ)Fred のパートナー。ファッション・デザインを学んだ後、プロダクト・デザインへと移行。2004年デザイン学校を卒業後、ARABIAのファクトリーに勤務。プロダクションに関わる様々な事をその時に体得。VAJA Finlandでは製品の表面に貼るデカール (decal) のグラフィック・デザインを主に担当。

PAGE TOP