SCANDEX

新規会員登録で500ポイントプレゼント!

KAHLER

ケーラー

1839年、陶芸家のハーマン・J・ケーラー(Herman J.Kähler)が創業したスカンジナビアを代表するデンマークの陶磁器ブランド。
息子のハーマン・A・ケーラー(Herman A.Kähler)が工房を引き継ぎ、世界中の展覧会や美術館で展示され、高い評価を得たことをきっかけに芸術性溢れる国際的な陶磁器メーカーへと発展しました。才能ある現代のデザイナーたちが「すべての人々に芸術を」という思いのもと、伝統を守りながら新たな表現に挑戦し続けています。

180年前と同じように職人の手作業により、ひとつひとつ愛情込めて仕上げられているため、どの製品にも少しずつ個性と温もりが感じられます。
芸術的でクラシカルでありながらも遊び心を持つデザインは、日々の暮らしを彩り、心を豊かにしてくれるアイテムとして世界中で愛されています。
  KÄHLER商品一覧 >  

PICK UP ITEMS

COLUMN

【スタッフコラム】デンマーク流 おもてなしから学ぶ、はじめての「おうちクリスマス」の過ごし方。

スタッフコラム ~vol.3~今年はクリスマスを自宅で過ごす方が多いのではないでしょうか。ご家族や少人数の友人、恋人と「おうちクリスマス」となりますね。今年はじめて自宅にゲストを呼ぶことになった人もいるのでは。自宅に友人を招くときは、その日が待ち遠しく楽しみな気持ちと同時に、どこまで準備したら良いのだろうと、少し悩ましい気持ちもありますよね。今回は自宅へのおもてなし上手なデンマークの人々から学ぶ、ホストもゲストも居心地が良いと感じる「ヒュッゲ」が満載のおもてなし術を紹介します。お気に入りのフラワーベースに花を飾りましょうおもてなしの当日は、お花を生けてゲストをお迎えしましょう。豪華なお花である必要はありません。いつも使っているフラワーベースに、その日の気分のお花を飾るだけでゲストへの歓迎の気持ちが表せます。玄関やカウンターなど、ゲストが来たときに目につく場所も良いですし、グリーンや一輪のお花をテーブルにちょっと生けるだけでも、食卓が華やかになります。「ボタニカ」のフラワーベースはお花屋さんで最近よく見かけるミニブーケのサイズにぴったりです。小ぶりなブーケをバランスよく、可愛らしさを残して生けることができます。「オマジオ」や「ハンマースホイ」の3個セットは、まさしく一輪挿しにふさわしいバランスとサイズ感。たくさんのお花がなくともオブジェのような絶妙なバランスとなります。ちょっとしたイベントを企画しましょう!「去年のクリスマスは一緒にこれをやったよね!」と思い出に残るようなイベントを企画してみるのはどうでしょうか。私のおすすめは皆でお菓子作りをすることです。新たに材料を買わなくても、家にあるものでできるので準備も簡単。材料の用意や場合によっては途中の工程まではゲストが来る前に準備をしておき、クッキーの型抜きやアイシング、スポンジケーキのデコレーションを皆でやってみる等はどうでしょうか。お菓子を焼いているときの甘い香りを皆で共有する時間はまさしく「ヒュッゲ」!特にクッキーなどの焼き菓子は、つい良い香りに我慢できず、焼き立てを頬張ってしまいたくなります。真っ平らの「オンブリア」プレートは、沢山のお菓子の受け皿としてぴったり。ムーンライトブルーのカラーは、優しいクッキーの色合いを引き立て、より一層香ばしく見せてくれます。ギフトの準備「今年結婚したあの人には、ペアでなにか送りたいな…。」「彼女は確かとってもムーミンが好きだったよな…。」と一人ひとりのことを真剣に考えながら選ぶクリスマスのギフトは悩ましいですが、とても楽しい時間です。ぜひクリスマスには、ギフトとともに、日頃伝えきれていないような感謝やハートフルな気持ちをメッセージカードに書いてみてください。どうしてこのギフトを選んだかを書いても良いかもしれません。余裕があれば、ラッピングに挑戦してみるのも楽しいですよ。一人ひとり個別のラッピングやメッセージカードで、思いの詰まったクリスマスギフトを用意してはいかがでしょうか。「ワヤ」シリーズのマグカップはギフトとして大事な方に贈っていただきたい、とても素敵なデザインです。フィンランド製で、こだわり抜かれたフォルムと甘すぎないデザインが魅力。400mlが入る大ぶりのカップは、在宅ワークが日常となり、自宅で温かいドリンクを飲む時間が増えた方に重宝されますよ。ムーミンシリーズのマグカップでは、デザインに合わせた、ムーミンの箱までキュートですね。器の力を借りて、ゆるりと食事の用意を自宅にゲストを招く際に、最難関と言っても良いのが食事の準備です。ランチでもディナーでも、どれくらいの量を用意するべきなのか、前菜にサラダにメインにスープにデザートにと考えていたらキリがなくなってしまい、おもてなし疲れをしてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方は、デンマーク流のおもてなしスタイルが参考になるかもしれません。「基本的に手作りの料理は1品。」「自分が疲れてしまうなら作らない。」「テーブルウェアにはこだわって盛り付け。」これがデンマーク流。作るのは1品!と決めておけば、あとの料理はパートナーに買いに行ってもらうなどすると、自分の負担も減りますよね。もちろん料理が得意な方は何品も用意するなど、人それぞれではありますが、軸はいつも「自分がヒュッゲを感じられるかどうか」です。もし手作りの1品を作るのであれば、オーブンを使った料理をおすすめします。事前準備も手間がかからず、ゲストが来る時間から逆算して出来たてがサーブできますし、40−50分キッチンから手が離せるので、身支度を進めたり他の用意をしたり、時間を有効に使えるからです。また最近充実のテイクアウトやデリバリーは、お気に入りのテーブウェアに、盛り付けをしてテーブルへ。ひと手間ですが、同じ料理でも素敵な器に盛り付けられているだけで、美味しさがぐんと上がるような気がしますね。素敵な器と言えば「オンブリア」シリーズです。食事を盛り付けると、まるでレストランに来たようなシックで上品な食卓になります。食洗機、オーブン、レンジ可能のマルチなお皿でもありながら、特別な日もしっかりと活躍してくれる1枚です。ゲストを楽しませる準備も大事ですが、同じくらい自分も楽しめる食事の時間は大切にしたいものです。デンマーク流を見習って、今年はゆるりと、器の力を最大限に借りながらヒュッゲな食卓にしてください。暖かい部屋で食後のひとときを食事も終え、話題も尽きない中、定番のケーキとたっぷりのコーヒーでくつろぎのひとときを過ごしましょう。ホストの方も後片付けは後ほどゆっくりとし、一緒に暖かい部屋でおしゃべりを楽しむヒュッゲな時間。クッションやブランケットなど、ゲストがよりゆったりと過ごせるファブリックもお忘れなく。時間を気にすることなく、ゆったりとした時間が満喫できるのが「おうちクリスマス」の醍醐味かもしれませんね。ホールケーキには、「オンブリア」の27センチプレートに。『本当はケーキスタンドを使ってみたいけれど、普段はあまり使わないし、、、』と思っている方にも、オンブリアの平皿であれば、普段の食卓、それも和洋食問わずに使えるので、毎日使うことができますよ。写真の様な白いショートケーキだけではなく、チョコレートケーキやチーズケーキなど、深い色合いのケーキでも相性が良いです。ぜひ今年のクリスマスは、自宅でゆっくりと、「ヒュッゲ」なひとときを感じられる1日にしてはいかがでしょうか。デンマーク流のポイントを参考にしながら、自分なりの楽しめるおもてなしの方法を見つけてくださいね!

【スタッフコラム】自宅でクリスマス飾りを楽しむ「ヒュッゲ」な北欧のクリスマスの準備

スタッフコラム ~vol.2~肌寒い日が続く今日このごろ。ふと立ち寄ったお店でクリスマスソングが流れてきたり、お花屋さんにポインセチアが並んだりと、年の瀬が近づいてきたことを感じます。 皆様は、今年のクリスマスをどのように過ごす予定でしょうか。昨年までは連日行われる忘年会やパーティーに走り回っていた方も、今年は自宅でゆっくりと過ごされる方が多いのではないでしょうか。家で過ごす時間が長い今、少しだけ自宅のインテリアをクリスマス仕様にすることで、家族や恋人との特別な時期の温かみを共有したいですね。今回はケーラーのフラワーベースやキャンドルを使った、クリスマスのインテリアのご紹介をします。玄関はシンプルに、お気に入りの置物やキャンドルを並べてみましょう。アーバニアは、デンマーク生まれのキャンドルホルダーです。サンタやトナカイ、ニッセの置物と一緒に飾ると、彼らの大切な家のようにも見えますね。帰るのが楽しみになるかわいらしい玄関になります。高さに余裕がある場合は、アーバニアとノビリのキャンドルホルダーを組み合わせて飾ると、季節感が出ますよ。  お部屋に飾り棚やカウンターがある方は、植物とフラワーベースでクリスマスを演出してみてください。大きなツリーがなくても大丈夫。ナチュラルなインテリアを好まれる方は、オマジオベースに、枝をツリーに見立て、オーナメントをバランスよく飾ってみても。大人らしいシックなインテリアが好みの方は、ゴールドやシルバー、ホワイトなど落ち着いた色合いのフラワーベースに、アクセントでレッドが組み合わされたグリーンを飾るのがおすすめです。中でも水やりがハードルとなって花を活ける習慣がない方や、長い期間一つの花を楽しみたい方はドライフラワーがぴったりです。写真のグリーンはグリーンスワッグを購入し、吊るさずに生けています。ダイニングテーブルはぜひキャンドルを灯してみてください。薄暗い中で灯るキャンドルは非日常を演出してくれます。もちろん置物としても素敵ですが、実際にあかりを灯してみることで違った一面を見ることができます。とはいえ、火を使ったキャンドルの使用のハードルが高い方にはLEDキャンドルがおすすめです。雰囲気をそのままに、安全にキャンドルナイトを楽しめますよ。照明を落とし、コーヒーやホットワインを片手に、ほのかな灯りで大切な人と語らう時間を過ごしてはいかがでしょうか。「家族のために!」「子どものために!」と部屋を掃除して、大きなツリーを出して、オーナメントやライトをつけて・・・と準備に一生懸命になるあまり、ちょっと息切れしてしまう方もいるかもしれません。頑張りすぎず方の力を抜いて、わくわくした気持ちでクリスマスの準備を楽しみたいですね。いつも使っているフラワーベースを使って、素敵だと思えるキャンドルやオーナメントを少しだけ買い足して、自宅で楽しみながらクリスマスの準備をしませんか。

「一輪挿し」と「ひと瓶ひと花」で、花のある暮らしを始めませんか? ―オマジオ編―

お花に囲まれている生活って素敵ですよね。おうち時間が増えて「家にさりげなくお花を飾ってみたい」「簡単でオシャレに見える方法が知りたい」と思っている方は多いはず。スキャンデックスでは2回にわたって、はじめて&ビギナーの方を応援するフラワーベース特集をお送りします。前半はデンマーク生まれの陶磁器ブランド・ケーラーから、もっとも有名なシリーズのひとつ「omaggio」(オマジオ)を使った「今日からできる簡単生け花」をご紹介します。(後半は10月21日(水)配信を予定しております。)オマジオ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 万能カラー ブラック人気シリーズのオマジオ。ですがデザインのインパクトが強いため、なかなか手を出せない方もいらっしゃるようです。そんな方にまずおすすめしたいのは「ブラック」のオマジオです。ナチュラルな生成りのファブリックや、明るい北欧インテリア家具にも合う万能カラーです。Sサイズなら、一輪さっと飾るだけでこの通り。ちょっと空間が寂しい場所に、置いてみてください。ミニサイズ 3個セットも扱いやすい花瓶のひとつ。こちらもそれぞれに一輪ずつ入れるだけでいいので、初心者の方でも簡単です。テーブルに1つ、玄関に2つ… … 、ちょっとしたスペースに自由に飾ってみてください。 洗面台や水回りには、透明感のあるカラーを洗面台や水回りには、落ち着いた、透明感のあるカラーがおすすめです。スペースが許すのなら、高さ約20cmのMサイズも一緒に。ボリュームのある花をバサっと入れるだけなので、コツも要らず、とっても簡単です。清潔感を出したい場所にはぜひ「パール」を。朝の光を反射して、キラキラと光る姿はうっとりするほどきれい。模様がシンプルなので、インパクトのある花を飾るとよく映えます。オマジオは一つひとつ手描きで作られており、筆跡や色の濃淡といった個体差も魅力のひとつ。「グラナイトグレー」は、そんな手描きのニュアンスをもっとも感じられる色でもあります。工業製品では為し得ない、職人たちのクラフトマンシップを味わってください。 二面性のある スカーレットMサイズはこのぐらいの大きさ。花屋でカットせずに買ったお花を、そのまま入れればちょうどいいサイズ。この存在感がお部屋にメリハリを与えてくれそうです。定番の「スカーレット」は、北欧らしいかわいらしさもあり、落ち着いたインテリアにも似合う二面性に魅了されます。ひとつあるとさまざまなシーンで活躍します。 インテリアを格上げしてくれる ブラス最後に、ぜひチャレンジしていただきたいのが「ブラス」。色の濃い花を飾るとオリエンタルな雰囲気が際立ち、和室にもアンティーク家具にもよく合います。 限定色のブラスは華やかで存在感があり、Sサイズでもこの迫力。置くだけで確実にインテリアを格上げしてくれる、他にはないフラワーベースです。今回ご紹介した商品は以下のリンクよりご覧いただけます。後編ハンマースホイ編も公開中!  コラムに登場したアイテムオマジオ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

「一輪挿し」と「ひと瓶ひと花」で、花のある暮らしを始めませんか? ―ハンマースホイ編―

お花に囲まれている生活って素敵ですよね。「家にさりげなくお花を飾ってみたい」「簡単でオシャレに見える方法が知りたい」と思っている方は多いはず。スキャンデックスでは2回にわたって、はじめて&ビギナーの方を応援するフラワーベース特集をお送りします。前編の「Omaggio」(オマジオ)編に続き、後半はデンマーク生まれの陶磁器ブランド・ケーラーから、気品あふれる繊細なラインが美しい「Hammershoi」(ハンマースホイ)を使った「今日からできる簡単生け花」をご紹介します。ハンマースホイ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内 一輪挿しに便利なミニサイズまずは、一輪挿しに便利なミニチュア3個セット。3つ一緒でも1つずつでも使えるので、組み合わせを考えるのも楽しいひとときです。お花がない時はそのままでインテリアになるので、「何か飾らないと!」と焦らなくても大丈夫。お庭のお花を切って、このようにさりげなく挿してみましょう。このフォルムのおかげで何を入れてもサマになります。写真の「ローズ」系セットのほかに、「グリーン」系、「インディゴ」「ホワイト」があります。続いて、ミニチュアより少し大きなミニサイズ。こちらも一輪挿しにちょうどいい大きさです。定番の「ホワイト」は和洋どちらにも合わせやすく、さまざまなシーンで活躍します。細いラインのおかげで、どこか日本的な雰囲気も漂うハンマースホイ。何でもないけれど美しい。そんな洗練された品性を感じさせます。ミニチュアとミニサイズは卓上にちょうどいいサイズ。色やサイズも混ぜて、あなただけの組み合わせを楽しんでください。 ぷっくり、コロンとしたフォルムのSサイズSサイズはぷっくりとしたフォルムなので、お花を数本用意してボリュームを出すと、バランスよく飾れます。写真は、薄いブルーグリーンのようなカラー「ミント」。静かで落ち着いた部屋に似合う、端正な佇まい。光が当たって滑らかな艶が生まれる瞬間が本当に美しいので、ぜひ光の差し込む窓のそばに飾ってください。 サイズ、カラー違いで表情豊かに同じ「ミント」を明るい部屋に置くと、また違った雰囲気に。青白磁のような繊細な色合いには東洋の美も感じられ、ハンマースホイが日本で愛される理由がわかります。同じMサイズでも、カラーが変わるとこの通り。インディゴより少し薄めの「アンスラサイト」は、ホワイトが混ざったようなニュアンスが魅力的。和洋ともに使い勝手がよく、お花を選ばず飾れるので、大きな花瓶デビューにおすすめ。ハンマースホイらしい繊細なカラーです。 安定感抜群のLサイズ床置きなら、さらに大きなLサイズを。枝物をそのまま入れるだけで、部屋の雰囲気が一変します。フレッシュなグリーンは落ち着いた「インディゴ」とよく合います。玄関やお部屋の入り口に。重めの枝を入れても倒れることもなく、安定感も抜群。長持ちする枝物なら、メンテナンスも簡単です。鉢植えを置くようなイメージで、お好きな枝物を自由な感性で飾ってみてください。今回ご紹介した商品はこちらよりご覧いただけます。  ハンマースホイ フラワーベース一覧取扱店舗(実店舗)のご案内

【スタッフコラム】北欧食器「ウワスラプレート」で毎日楽しいおやつタイム

スタッフコラム ~vol.1~スキャンデックススタッフの、日々の暮らしで愛用している器や花びんの様子を、不定期で紹介していくコラムをスタートします。1回目は、「北欧食器『ウワスラプレート』で毎日楽しいおやつタイム」をテーマにお届けします。ウワスラ商品一覧へちょっと小腹を満たしたい、気分を変えたい、でも「ティータイム」と名乗るほど敷居は高くない、そんな毎日の「おやつタイム」。在宅勤務の時間が増え、ほっと一息コーヒーを淹れて簡単なおやつをつまむ何気ないひとときが増えた方もいれば、日々お子様のおやつに頭を悩ませている方もいらっしゃるかと思います。そんな「おやつタイム」にぴったりなウワスラのオーバルプレート。一番の魅力は使い勝手の良さ。シンプルで汎用性が高く、素朴な手作りケーキ、子どもに向けたおやつプレートまで、おやつを上品に見せる一枚です。色んなサイズがあって悩んでしまう、、、という方には食事の取り分けも兼ねて使える18センチがおすすめ。ケーキ皿や果物の取り分け皿として、何かと出番の多いサイズです。18センチプレートは、小ぶりなケーキのかわいらしさを引き出し、お店で出てくるような仕上がりになります。オーバルプレート 18cm イエロー また、ちょっと大きめのアメリカンサイズのケーキでもしっかりとお皿に収まります。クッキーやナッツ等をつまむ程度に食べたいときも、手にとるのはこのお皿。リムがしっかりしているので、少し汁気があるものや、こぼれやすいお菓子も安心して盛り付けることができます。オーバルプレート 18cm ホワイトオーバルプレート 18cm ホワイト 次におすすめなのが22センチプレートです。お煎餅やドーナツなど、大ぶりのおやつは意外と多く、小さめのお皿に乗せるとアンバランス。また、お子様がいるご家庭では、一種類のおやつでは物足りない、または栄養面を考えて、いくつかのおやつと果物を一緒に出したりしませんか。22センチのプレートは、パスタプレートには小さいけれども、パンを複数のせたり、おやつプレートを作ったりするのにジャストなサイズ感。気取らない適度な余白がおやつを美味しそうに見せてくれますね。オーバルプレート 22cm イエローオーバルプレート 22cm イエロー あまり見かけない形のオーバルボウルは食べかけのお菓子などを仮置きする、ストック場としても活躍します。スタイリッシュなデザインであるため、テーブルの上に置きっぱなしにしても気にならないのが良いところ。サラダやお花を飾る王道も勿論素敵ですが、オフィスのデスク横やダイニングテーブルのおやつ置き場にいかがですか。オーバルプレート 18cm ホワイト/オーバルボウル M グレー/マグカップ イエロー 10月も終わりが近づき、いよいよクリスマスシーズン到来ですね。クリスマスに向けて、クリスマスクッキーを焼かれる方も多いのでは?デンマークでは、あちこちで売り出されるクリスマスクッキーの香りが、クリスマスの到来を教えてくれるそうです。ご家族、ご友人、同僚と、クリスマスクッキーをお供にコーヒーを飲む。クリスマスを感じる幸せな時間ですね。オーバルプレート 18cm イエロー/マグカップ イエロー クリスマス、そしてお正月の準備と、これから年末にかけて忙しい毎日をお過ごしになると思います。そんな時こそ、お気に入りのお菓子と飲み物で、ホッと一息。お気に入りの器に助けられながら毎日をお過ごしくださいね。ウワスラ商品一覧へ

幸福の国デンマークの、心やわらぐヒュッゲなおうち時間

家で過ごす時間が長いデンマークの人たちにとって、家はヒュッゲの中心で、おうち時間をとてもとても大切にしています。ところで、Hygge(ヒュッゲ)という言葉は、どこから来たのでしょうか。 遡ること200年以上前、1800年代の初めごろ、ノルウェー語の「ウエルビーイング(幸福)」という概念から来ているといわれています。実は、1397年から1814年まで、デンマークとノルウェーは一つの王国だったのです。ノルウェーにはヒュッゲという概念は残っておらず、デンマークでのみ大切に伝わっている、というのも興味深いです。「ヒュッゲは訳されるべき言葉ではありません-感じるものです。」(トーブ・マレン・スタッケスタッド、作家)デンマークの人たちは、おうち時間のヒュッゲが大好きです。そして、長い時間を過ごす家の中で、ヒュッゲをより感じられるように、インテリアにとてもこだわっています。お家でのヒュッゲなインテリアに欠かせないのが、花びん。この花びんをめぐって、デンマークでは2014年に「花びん騒動」が起こったのはご存知でしょうか。デンマークで180年近い歴史を持つ、陶器メーカーのケーラー社が、2014年8月25日に限定花びん(オマジオ・アニバーサリー・ベース)を発売したところ、お店の外は長蛇の列となり、オンラインショップにも1万5千人以上が殺到して、なんとウエブサイトがクラッシュしてしまいました。デンマークで製品をめぐってここまで騒動となるのはとても珍しいことで、彼らのインテリアに掛ける情熱と共に、「花びん騒動」といわれています。 ※ケーラー創業175周年を記念して登場した「ブラス」色は発売当時、デンマークにおいても、日本においても大きな話題を呼びました。この「花びん騒動」に発展したケーラーの花びんは、オマジオシリーズ。デンマークでは65%以上の家庭にあるといわれているほど人気が高いものなのです。ストライプ模様が特徴です。このストライプの線、実は職人さんが一本一本手描きしています。人の手のぬくもりが、シンプルでシックなデザインと相まって花を引き立てるとともに、オブジェとしてもインテリアにしっくりなじみ、お家時間を大切にするデンマークの人々に愛されています。そして、最近デンマークで大変人気なのが、ハンマースホイシリーズの花びん。優美な溝と気品あふれる美しいフォルムが特徴のエレガントなシリーズです。ハンマースホイも職人さんが型を作り、釉薬をつけて、丁寧に製品を作り上げています。流れる釉薬の表情や焼き色、どれ一つとっても同じものはありません。花びんの口が少し狭まっているので、お花をとても生けやすく、スタイリストさんたちにも人気です。デンマークならではの柔らかい色合いや豊富なサイズも、見ているだけで心が和み、自分好みの色でお気に入りの空間を作ってみたくなります。 ※ハンマースホイシリーズはカラーラインナップの豊富さも人気の理由の一つ。現行色では、優しい色合いのものから、ビビッドなカラーのものなど7色が揃います。デンマークでは、コロナの影響で、よりおうち時間を心地よくするために、自分へのお花を購入する女性が増えているといいます。最近のデンマークのトレンドは、ドライフラワー。日本ではまだなじみがあまりないかもしれませんが、ドライフラワーは、“eternity bouquets”といわれており、“永遠の愛”という意味を持っています。私たちも、忙しい毎日に少し足を止めて、お気に入りの花びんを用意して、ドライフラワーを飾ってみる…。もしかしたら、そんなひと手間が、おうち時間をより心地よくしてくれるのかもしれません。素敵な毎日を過ごされますように。ケーラーのフラワーベース シリーズ一覧 

北欧デザインで楽しむ花のある暮らし

4月になり、いよいよ春本番!お家の中も春らしいうきうきするような明るく華やかな雰囲気にしたいところです。スキャンデックスオンラインストアでは、春のインテリアアイテムとして「フラワーベース」をピックアップ!お花のある暮らしを素敵に彩る北欧デザインのフラワーベースをご紹介してまいります。KAHLERHAMMERSHOI<ハンマースホイ> 丸みのある優美なフォルムに縦に走るラインが印象的なハンマースホイのフラワーベース。上品でエレガントなそのデザインは本国デンマークでも人気のシリーズ。職人の手により作られた型と釉薬の塗りは、他のケーラー製品と同様に人の手をかけて作り上げられており、流れる釉薬の表情や焼き色はどれ一つとっても同じものはありません。色・サイズともに種類が豊富なので、組み合わせのバリエーションもお楽しみいただけます。HAMMERSHOI のベースを見るOMAGGIO<オマジオ> ボーダー柄が印象的なケーラーの代名詞的アイテム「オマジオ」シリーズ。陶器のボーダーのラインは、伝統あるクラフトマンシップを守り、すべて手書きで引かれています。ラインの太さや色の濃淡が一つ一つ異なり、ハンドメイドならではの温もりが感じられます。お花を生けても、オブジェとしてそのまま飾っても、お部屋のどの場所に置いても絵になります。OMAGGIO のベースを見るUNICO<ユニコ> 今デンマークで注目の若手アーティスト、アンダース・アーホイデザインのフラワーベース。風船の様な真ん丸なフォルムと小さめの挿し口が特徴で、少量のお花を飾るのにぴったり。4色のラインナップはどれも優しい温かみのある色使いで組みあわせて色の調和を楽しみながら飾るのもおすすめです。UNICO のベースを見るPENTIKVEKKI<ベッキ>  フィンランドのライフスタイルブランド ペンティックよりベッキシリーズのフラワーベース。デザインのベースとなったのはラップランドの冬の美しいワンシーン。雪原の上をそよぐ風が残す、流れるような風紋をプリーツ柄で表現しています。雪のように「真っ白」なベースは組み合わせるお花により表情を変え、インテリアのワンポイントとして存在感を放ちます。VEKKI のベースを見るGEORGE JENSENHENNING KOPPEL<ヘニングコッペル> ジョージ ジェンセンの歴史上、最も重要なデザイナーのひとりであるヘニング・コッペルの、生誕100周年を記念して過去に生産されていたオリジナルのベースから着想を得て制作されたもの。ブルーストーンウェア製とステンレス製と2種があり、惹きこまれるような落ち着きのある深いブルーと、輝きを放つエレガントなステンレスのベースの対比はより洗練された空間を創り出してくれます。HENNING KOPPEL のベースを見るLEGACY<レガシー> 独特の滑らかなラインが美しいレガシーシリーズのフラワーベース。上品な光沢を帯びた高級感のある佇まいで、インテリアに華やかさを与えてくれます。お花を飾るだけでなくオブジェとして使ってもモダン且つラグジュアリーな存在感を放ちます。LEGACY のベースを見るiittalaALVAR AALTO COLLECTION<アルヴァアアルトコレクション>  「世界で一番美しいベース」と賞賛され、誕生から80年以上たった今も愛され続けるアルヴァ・アアルトコレクションのフラワーベース。美しい曲線を持つ「アアルトベース」は花束のようなたくさんの花を生けるのはもちろん、花を一輪差して飾るだけでも様になり、飾り方によって様々な表情を楽しむことができます。ALVAR AALTO COLLECTION のベースを見る

白ではじめる春の食卓

White Tableware Collection新しい暮らしをスタートさせる方も多い春の季節。新生活のスタートに合わせて食器も新しいものを揃えてみるのはいかがでしょうか?色々なお料理に使えて、多用途に活用できる「白い食器」はまさに新しい暮らしの始まりにぴったり。今回、スキャンデックスオンラインストアで取扱う「KAHLER(ケーラー)」「PENTIK(ペンティック)」「iittala(イッタラ)」の3ブランドの白い食器を一堂に集め、ご紹介いたします。いずれもシンプルなデザインでありながら、それぞれ個性や特徴がありさまざまなバリエーションのアイテムが揃います。  KAHLERHAMMERSHOI (ハンマースホイ)優美なラインと気品あふれる美しいフォルムが特徴の「ハンマースホイ」はデンマークでも人気のシリーズ。フォルムはスタンダードでありながら、リムに施されたラインがワンポイントになり、シンプルながらに華やかな印象に。 アイテムの種類も豊富なので、幅広いシーンでお使いいただけます。マグカップ¥ 3,888 [tax in]プレート 19cm¥ 3,456 [tax in]プレート 22cm¥ 3,780 [tax in] プレート 27cm¥ 4,536 [tax in]ディーププレート 21cm¥ 4,104 [tax in]ディーププレート 26cm¥ 7,344 [tax in] ディッシュオンスタンド 30cm¥ 12,960 [tax in]スクエアディッシュ 32cm¥ 10,800 [tax in]ボウル S¥ 3,240 [tax in] ボウル M¥ 3,456 [tax in] URSULA (ウワスラ)「ウワスラ」は、かつてロイヤルコペンハーゲン社のモダンラインとして人気を博し、後にケーラー社より復刻され、長きに渡り多くの人々に愛されているシリーズ。4サイズあるオーバルプレートは、いずれもリムが幅広で、使い勝手の良さに優れています。同じシリーズで揃えても、お手持ちのテーブルウェアと組み合わせてもしっくりくるシンプルなデザインは、どんな食材にもどんな場面にもなじんでくれます。マグカップ¥ 3,240 [tax in]オーバルプレート 18cm¥ 2,916 [tax in]オーバルプレート 22cm¥ 3,456 [tax in] オーバルプレート 28cm¥ 4,104 [tax in]オーバルプレート 33cm¥ 4,536 [tax in]ディーププレート 22cm¥ 4,104 [tax in] ジャグ S¥ 5,400 [tax in]ジャグ M¥ 6,804 [tax in]ジャグ L¥ 8,964 [tax in] OMBRIA (オンブリア)海岸線や深海、地面など、北欧の自然からインスピレーションを受けたデザインのテーブルウェア。日本の陶磁器からも影響を受けていると言われています。表面のマットな質感に付けられた模様は、職人により一つ一つ塗られたものだそう。本物の石のようにまばらに散りばめられた模様は、機械では出せないハンドメイドならでは。盛り付けた料理を立体的に見せ、そして食材の形や彩りを最大限に引き立ててくれます。プレート 22cm¥ 3,780 [tax in]ボウル 12.5cm¥ 3,456 [tax in]  PENTIKKALLIO (カッリオ)柔らかな曲線でかたどられ、どこか温かみを感じるKALLIO(カッリオ)シリーズ。カッリオとは「岩」を意味するフィンランド語で、 自然の様々な現象により岩の尖った部分が長い年月を経て削られ丸くなる様子が、器のフォルムから感じられるよう。自然の強さと繊細さがひとつの器で表現されています。カップ&ソーサー¥ 6,264 [tax in]マグカップ¥ 3,780 [tax in]ディーププレート 20cm¥ 4,860 [tax in] プレート 21cm¥ 3,780 [tax in]プレート 26cm¥ 4,860 [tax in]ボウル 0.5L¥ 3,780 [tax in] バターケース¥ 7,560 [tax in] HALLA (ハッラ)「ハッラ」のマグカップは、ラップランド地方の白樺のコブをくり抜いて作った伝統的なマグカップ『ククサ』のフォルムからヒントを得ています。 コーヒーや紅茶はもちろんスープカップとしてもおすすめ。丸みを帯びた優しいデザインのマグカップは、手にするたびにほっとしたひとときを与えてくれます。マグカップ¥ 4,644 [tax in]  iittalaTEEMA (ティーマ)ティーマは、1948年にデザインされた名作キルタシリーズが基になっています。電子レンジの使用などライフスタイルの変化に合わせてカイ・フランク自身がデザインに改良を加えて現在の形が完成しました。一切の装飾を排し、自由な組合せで使えるコンセプトは、当時はセンセーショナルなものでしたが、現在では飽きのこない長く愛される北欧のスタンダードとなっています。マグカップ 0.3L¥ 2,700 [tax in]マグカップ 0.4L¥ 3,240 [tax in]カップ&ソーサー¥ 3,780 [tax in] プレート 15cm¥ 1,728 [tax in]プレート 17cm¥ 1,944 [tax in]プレート 21cm¥ 2,700 [tax in] プレート 23cm¥ 2,808 [tax in]プレート 26cm¥ 3,240 [tax in]トライアングルプレート¥ 2,700 [tax in] スクエアプレート 12×12cm¥ 2,700 [tax in]スクエアプレート 16×16cm¥ 3,780 [tax in]ボウル 15cm¥ 2,376 [tax in] ボウル 21cm¥ 2,700 [tax in]ティーポット¥ 8,640 [tax in]  

PAGE TOP