SCANDEX

Leander

Leander

リエンダー社の歴史は、1998年に創業者スティッグ・リエンダーの家族に双子の赤ちゃんが生まれたことに遡ります。
当時鍛冶職人であったリエンダーは、二人の子どもを同時に世話をすることの大変さに着目し、母親が少しでも楽に子育てできるようにと、最初の子どもの家具“クレドール(ゆりかご)”を生み出しました。何度も試行錯誤しながらアイデアを形にし、今までに誰も見たことがないシンプルな機能美を備えたクレドールは瞬く間に評判が広がり、国内での販売が始まりました。今日では、40か国以上もの国で展開される国際的な家具メーカーとなっています。

リエンダーはただ家具をデザインするだけでなく、お子さまの遊びや運動、創造力をサポートする「お子さまのための機能的な家具」を創りだす会社です。

リエンダーのハイチェア(ベビーチェア)やベビーベッドはお子さまの成長に合わせて形を変えて、快適にお使いいただけるよう作られています。

「デザインと機能性は常に一体であること、全ての家具は子どもが満足するためのデザインであり、作られたデザインに子どもが合わせるものではない」
これが、リエンダー社の創業時からのデザインについての哲学です。

リエンダー社はデザイン、機能、素材の全てにおいて誇りを持っています。そしてこれからも新しい技法や素材の表現方法を常に探究し、素材の持つ力を引き出し、お子さまとご家族の生活の豊かさを育むお手伝いができるような家具を創り出していきます。


  Leander商品一覧 >  

PICK UP ITEMS

COLUMN

幸福の国デンマークの、子どもの自主性・自立性を大切にする、リエンダーハイチェアのデザイン

世界一幸福な国として有名なデンマーク。デンマークの人々は、人としてのウエルビーイング(幸福;心身ともに健康であること)をとても大切にしています。そして、人は自己の価値を尊重されるべきであると考えられています。この考え方は、デンマークの子どもの育て方にも反映されています。デンマークでは、一人ひとりの子どもの人格や個性が大切にされています。 子どもによって成長の速度が違います。興味や関心も異なれば、得意不得意も違います。それが自然なことなので、子ども同士を比較したりしません。周りが子どもに何かしなさいと「やらせる」のではなく、子どもの「やりたい」を重視し、子どもが自発的にやるまで見守ります。大人たちは、一生懸命、子どもの気持ちを聴き、子どもと対等に話す「対話」を大切にします。 子どもたちは、そのように、周りから一人の人として尊重される中で、自分で考えて自分で選択していく自立性を養い、自分らしく生きる力を育んでいきます。 ところで、「森のようちえん(保育園)」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 「森のようちえん」とは名前の通り、“森”がようちえんです。森のようちえんの中には、園舎を持たずに、バスが園舎の代わりのところもあります。子どもたちはお弁当やおやつなどをリュックに詰めて、森に行き、五感をフル活用して遊びます。「みんな違っていい」「子ども時代は子どもらしく」というのがモットーです。子どもたちは、自然とのかかわりの中で、自分でものごとを考えて判断する力を養い、人と比較せずに自分らしく豊かに生きる大切さを学んでいきます。このように子どもの自主性、自立性を大切にするデンマークで、子どものウエルビーイングを考え抜いてデザインされたイスがあります。 リエンダーのハイチェアです。 デザイナーのスティグ・リエンダーさんは、どうしたら子どものより自然な成長をサポート出来るか、どうしたら自発的に離乳食を食べたいと思ってくれるか、どういう作りだと自然と背筋が伸びてよい姿勢を保てるか、また子どもがより心地よく座っていられるか、、、など、どうしたら子どもの自然な成長をサポートできるか、子どもの動きや表情を徹底的に観察して、何度何度も試行錯誤を繰り返して、「子どもの座り心地をデザイン」していきました。リエンダーのハイチェアは、デンマークの子育てで大切にしていることが、全て詰まっているのです。 子どものウエルビーイングを考え抜いて、子どもの座り心地を美しいデザインとして生み出したリエンダーのハイチェア。 リエンダーのハイチェアが包摂している、デンマーク流の子どもへの接し方は、私たちに子どもとのかかわりにおける大切なことを教えてくれているかもしれません。リエンダーのアイテムを見る

Leander ハイチェアのこだわり

1. 曲線から生まれる適度なしなりリエンダーハイチェアは、これまでの子ども椅子には無い“しなる”と言う機能が備わっています。 前後に緩やかに揺れることにより、お子さまの動きを吸収し、お子さまが安心して椅子に座っていることができます。お子さまが落ち着いて座り続けられる子ども椅子。家族みんなで楽しい食事の時間を過ごすことができるでしょう。2. 自然な姿勢をサポートリエンダーハイチェアは、お子さまの成長に合わせて座面と足乗せ板に加えて、背板の高さ調整も可能です。また、奥行きの浅い座面はお子さまが深く座ることを促し、背板と座面の間の開口部にお子さまのお尻が収まります。それによって、緩やかな曲線の背板に包まれるようにして自然な姿勢がサポートされます。3. 1.2mmの24枚構造リエンダーハイチェアの脚板には、単板積層材とも言われるLVL(ラミネイティッド ベニア ランバー)が採用されています。1.2mm の板を24枚重ねたLVLは非常に強固で軽量でありながら、美しい曲線としなりをもたらします。耐荷重125kgで、一般的な子ども椅子同様に大人になっても長く使用する事が出来ます。LVLの特徴は切断面が美しく、無垢材を使っているような仕上がりになります。しかも無垢材と比べて変形や割れ等の狂いが少ないのも特徴です。リエンダーハイチェアは、お子さまに安心して座っていただけるように設計されているのです。4. 抜群の安定感と美リエンダーハイチェアの脚は、正面から見るとハの字に開いています。後方に美しく伸びた脚は、椅子全体に抜群の安定感を生み出しています。実際に使用してみると、リエンダーの椅子は、お子さまの安全や座り心地に配慮していることに気づくでしょう。例えば、脚底の裏に取り付けられたプラスチックパーツ。4つすべての形状が異なり、それぞれにわずかな傾斜がついています。こうすることで脚全体を美しく彫刻的に見せながらも安全性についても追求しているのです。北欧ならではの機能と美を融合した子ども椅子がリエンダーのハイチェアなのです。5. シンプル、かつ軽量なフレームリエンダーハイチェアの脚板は一般的な子ども椅子と異なり、表面がフラットに設計されています。食べこぼしが多いお子さまの食事。そのような時でも凹凸が少ないリエンダーハイチェアならお手入れが簡単です。お子さまが使うものは、いつも清潔で衛生的にしておきたいですから。そして、5.1kgという軽さにも、こだわりました。積層材でできているので、無垢材の椅子よりも軽量なのです。その軽さは大人の女性が片手で容易に持ち運びできるほど。日々のお掃除もきっと楽にしてくれるはずです。◎正規輸入品は安心の8年保証ですスキャンデックスが扱うリエンダーハイチェアは8年保証。これは正規輸入品だけの特典です。また、リエンダー社から輸入する際、工場での製造工程および出荷時に特別の追加検査を実施し、かつ国内倉庫でも出荷前に詳細な検査を行っています。どうぞ安心して末長くお使いください。※保証内容詳細は製品取扱い説明書に記載しております。リエンダーの商品一覧を見る

CATEGORY

PAGE TOP