SCANDEX

KÄHLER ~デンマークが誇る伝統とクラフトマンシップ~ Vol.2

2018/10/16

  • LINEで友達に送る

デンマークのみならず世界中で愛され続けている陶磁器ブランドKÄHLER(ケーラー)。
才能ある現代のデザイナーたちが「すべての人々に芸術を」という思いのもと、伝統を守りながら新たな表現を作品に生かしています。

前回のVol.1では、約180年の歴史を誇るケーラーの「伝統」に焦点を当てお伝えしました。Vol.2である今回は、今もなお手仕事によるものづくりを引き継ぐケーラーの「クラフトマンシップ」をお送りいたします。

KÄHLER ~デンマークが誇る伝統とクラフトマンシップ~ Vol.1 はこちら >>

CRAFTMANSHIP OF KÄHLER

芸術と伝統工芸に対する愛着を持つケーラー。180年前から変わらず職人の手作業により、ひとつひとつ愛情込めて仕上げられているため、どの製品にも少しずつ個性と温もりが感じられます。
今も昔も“手が届く芸術品”として多くの人々を魅了しているケーラー製品の製作過程をご紹介します。



■ HAMMERSHØI(ハンマースホイ)

Design:Hans-Christian Bauer(ハンス・クリスチャン・バウアー)/ 2015

ハンマースホイ商品写真

優美なラインと気品あふれる佇まいで、どこかクラシックな雰囲気も感じさせるハンマースホイ。

フォルムを成型する型の製作や研磨、釉薬掛け等、制作工程のほとんどが人の手によって行われています。こうして作られたハンマースホイは、花器という存在にとどまらず、芸術品としても暮らしを美しく彩ります。

 

ハンマースホイ 製作過程

工程1 ベースになる原型を作成
工程3 素焼き後、釉薬を吹きかけ色付していく工程4 焼成

左上:ベースになる原型を作成/右上:型から取り出したベースの成形/左下:素焼き後、釉薬を吹きかけ色付していく/右下:焼成後、完成

▼下記より動画をご覧いただけます

ハンマースホイ 商品一覧

■ OMAGGIO (オマジオ)

Design:Stilleben(スティルレーベン)/ 2007

オマジオ商品写真

器いっぱいに広がるボーダー柄が特徴のオマジオ。
手描きのボーダーは、機械によるプリントと見間違えるほど真っ直ぐな線で描かれており、職人の技術の高さが伺えます。

その一方で、手描きならではの優しい発色と濃淡のある色合いが、製品に温かみをもたらしています。サイズやカラーに合わせてボーダーの太さや間隔を変えて描かれており、高いデザイン性を感じさせます。

 

オマジオ 製作過程

工程1 ろくろを回しながら、ベースにボーダーを絵付けしていく工程2 ボーダーの太さやバランスを見ながら、完成させる

左:ろくろを回しながら、ベースにボーダーを絵付けしていく/右:ボーダーの太さやバランスを見ながら、完成させる

▼下記より動画をご覧いただけます 


オマジオ 商品一覧

■ MANO(マノ)

Design:Jeanette List Amstrup(ジャネット・リスト・アムストラップ)/ 2008

マノ商品写真

手に馴染む温かみのあるフォルムが特徴のマノ。どれも柔らかなカラーをまとっており、テーブルに並べると水彩画のような優しい雰囲気が広がります。

コーヒーや日本茶、ジュースなど用途は様々で、日々の中の何気ないひとときにもアート作品を眺めているような、心に豊かさをもたらしてくれます。

 

マノ 製作過程

工程1 型から固まったマグカップを外していく工程2 取り外したマグカップの成形
工程3 素焼き後、釉薬で色付けしていく工程4 底面にロゴを貼り、焼成後、完成

左上:型から固まったマグカップを外していく/右上:取り外したマグカップの成形/左下:素焼き後、釉薬で色付けしていく/右下:底面にロゴを貼り、焼成後、完成

▼下記より動画をご覧いただけます


マノ 商品一覧

■ URBANIA(アーバニア)

Design:Bache & Bendix Becker(バッヘ&ベンディクス・ベッカー)/ 2011

アーバニア商品写真

デンマークの伝統的なクリスマス飾りからインスピレーションを受けて、2011年にデザインされたキャンドルホルダー。

たくさんの窓は、一つずつ職人の手作業により専用の道具で、大小と様々な形の窓の線に沿って切り進め、全面が割れないよう丁寧に、慎重に、くり抜いています。窓から漏れる優しい光を眺めながら、家の中でゆっくりと流れる時間をお楽しみいただけます。

 

アーバニア 製作過程

専用の道具で窓をくり抜いていく専用の道具で窓をくり抜いていく
左から順に窓をくり抜いていく過程。一番右は釉薬をかけた後、焼成した完成品

上:専用の道具で窓をくり抜いていく/下:左から順に窓をくり抜いていく過程。一番右は釉薬をかけた後、焼成した完成品


アーバニア 商品一覧

 

2回に渡り、お送りいたしました「KÄHLER ~デンマークが誇る伝統とクラフトマンシップ~」いかがでしたでしょうか。

長い歴史と伝統を重んじ、古くから続く伝統技術と新しい感性を融合させたものづくりで、“暮らしに溶け込むアート”として、愛され続けているケーラー。 デンマークの人々の豊かな暮らしを、ケーラー製品でぜひご体感ください。


ケーラー 全商品一覧
  • LINEで友達に送る

COLUMN

北欧デザインで楽しむ花のある暮らし

4月になり、いよいよ春本番!お家の中も春らしいうきうきするような明るく華やかな雰囲気にしたいところです。スキャンデックスオンラインストアでは、春のインテリアアイテムとして「フラワーベース」をピックアップ!お花のある暮らしを素敵に彩る北欧デザインのフラワーベースをご紹介してまいります。KAHLERHAMMERSHOI<ハンマースホイ> 丸みのある優美なフォルムに縦に走るラインが印象的なハンマースホイのフラワーベース。上品でエレガントなそのデザインは本国デンマークでも人気のシリーズ。職人の手により作られた型と釉薬の塗りは、他のケーラー製品と同様に人の手をかけて作り上げられており、流れる釉薬の表情や焼き色はどれ一つとっても同じものはありません。色・サイズともに種類が豊富なので、組み合わせのバリエーションもお楽しみいただけます。HAMMERSHOI のベースを見るOMAGGIO<オマジオ> ボーダー柄が印象的なケーラーの代名詞的アイテム「オマジオ」シリーズ。陶器のボーダーのラインは、伝統あるクラフトマンシップを守り、すべて手書きで引かれています。ラインの太さや色の濃淡が一つ一つ異なり、ハンドメイドならではの温もりが感じられます。お花を生けても、オブジェとしてそのまま飾っても、お部屋のどの場所に置いても絵になります。OMAGGIO のベースを見るUNICO<ユニコ> 今デンマークで注目の若手アーティスト、アンダース・アーホイデザインのフラワーベース。風船の様な真ん丸なフォルムと小さめの挿し口が特徴で、少量のお花を飾るのにぴったり。4色のラインナップはどれも優しい温かみのある色使いで組みあわせて色の調和を楽しみながら飾るのもおすすめです。UNICO のベースを見るPENTIKVEKKI<ベッキ>  フィンランドのライフスタイルブランド ペンティックよりベッキシリーズのフラワーベース。デザインのベースとなったのはラップランドの冬の美しいワンシーン。雪原の上をそよぐ風が残す、流れるような風紋をプリーツ柄で表現しています。雪のように「真っ白」なベースは組み合わせるお花により表情を変え、インテリアのワンポイントとして存在感を放ちます。VEKKI のベースを見るGEORGE JENSENHENNING KOPPEL<ヘニングコッペル> ジョージ ジェンセンの歴史上、最も重要なデザイナーのひとりであるヘニング・コッペルの、生誕100周年を記念して過去に生産されていたオリジナルのベースから着想を得て制作されたもの。ブルーストーンウェア製とステンレス製と2種があり、惹きこまれるような落ち着きのある深いブルーと、輝きを放つエレガントなステンレスのベースの対比はより洗練された空間を創り出してくれます。HENNING KOPPEL のベースを見るLEGACY<レガシー> 独特の滑らかなラインが美しいレガシーシリーズのフラワーベース。上品な光沢を帯びた高級感のある佇まいで、インテリアに華やかさを与えてくれます。お花を飾るだけでなくオブジェとして使ってもモダン且つラグジュアリーな存在感を放ちます。LEGACY のベースを見るiittalaALVAR AALTO COLLECTION<アルヴァアアルトコレクション>  「世界で一番美しいベース」と賞賛され、誕生から80年以上たった今も愛され続けるアルヴァ・アアルトコレクションのフラワーベース。美しい曲線を持つ「アアルトベース」は花束のようなたくさんの花を生けるのはもちろん、花を一輪差して飾るだけでも様になり、飾り方によって様々な表情を楽しむことができます。ALVAR AALTO COLLECTION のベースを見る

白ではじめる春の食卓

White Tableware Collection新しい暮らしをスタートさせる方も多い春の季節。新生活のスタートに合わせて食器も新しいものを揃えてみるのはいかがでしょうか?色々なお料理に使えて、多用途に活用できる「白い食器」はまさに新しい暮らしの始まりにぴったり。今回、スキャンデックスオンラインストアで取扱う「KAHLER(ケーラー)」「PENTIK(ペンティック)」「iittala(イッタラ)」の3ブランドの白い食器を一堂に集め、ご紹介いたします。いずれもシンプルなデザインでありながら、それぞれ個性や特徴がありさまざまなバリエーションのアイテムが揃います。  KAHLERHAMMERSHOI (ハンマースホイ)優美なラインと気品あふれる美しいフォルムが特徴の「ハンマースホイ」はデンマークでも人気のシリーズ。フォルムはスタンダードでありながら、リムに施されたラインがワンポイントになり、シンプルながらに華やかな印象に。 アイテムの種類も豊富なので、幅広いシーンでお使いいただけます。マグカップ¥ 3,888 [tax in]プレート 19cm¥ 3,456 [tax in]プレート 22cm¥ 3,780 [tax in] プレート 27cm¥ 4,536 [tax in]ディーププレート 21cm¥ 4,104 [tax in]ディーププレート 26cm¥ 7,344 [tax in] ディッシュオンスタンド 30cm¥ 12,960 [tax in]スクエアディッシュ 32cm¥ 10,800 [tax in]ボウル S¥ 3,240 [tax in] ボウル M¥ 3,456 [tax in] URSULA (ウワスラ)「ウワスラ」は、かつてロイヤルコペンハーゲン社のモダンラインとして人気を博し、後にケーラー社より復刻され、長きに渡り多くの人々に愛されているシリーズ。4サイズあるオーバルプレートは、いずれもリムが幅広で、使い勝手の良さに優れています。同じシリーズで揃えても、お手持ちのテーブルウェアと組み合わせてもしっくりくるシンプルなデザインは、どんな食材にもどんな場面にもなじんでくれます。マグカップ¥ 3,240 [tax in]オーバルプレート 18cm¥ 2,916 [tax in]オーバルプレート 22cm¥ 3,456 [tax in] オーバルプレート 28cm¥ 4,104 [tax in]オーバルプレート 33cm¥ 4,536 [tax in]ディーププレート 22cm¥ 4,104 [tax in] ジャグ S¥ 5,400 [tax in]ジャグ M¥ 6,804 [tax in]ジャグ L¥ 8,964 [tax in] OMBRIA (オンブリア)海岸線や深海、地面など、北欧の自然からインスピレーションを受けたデザインのテーブルウェア。日本の陶磁器からも影響を受けていると言われています。表面のマットな質感に付けられた模様は、職人により一つ一つ塗られたものだそう。本物の石のようにまばらに散りばめられた模様は、機械では出せないハンドメイドならでは。盛り付けた料理を立体的に見せ、そして食材の形や彩りを最大限に引き立ててくれます。プレート 22cm¥ 3,780 [tax in]ボウル 12.5cm¥ 3,456 [tax in]  PENTIKKALLIO (カッリオ)柔らかな曲線でかたどられ、どこか温かみを感じるKALLIO(カッリオ)シリーズ。カッリオとは「岩」を意味するフィンランド語で、 自然の様々な現象により岩の尖った部分が長い年月を経て削られ丸くなる様子が、器のフォルムから感じられるよう。自然の強さと繊細さがひとつの器で表現されています。カップ&ソーサー¥ 6,264 [tax in]マグカップ¥ 3,780 [tax in]ディーププレート 20cm¥ 4,860 [tax in] プレート 21cm¥ 3,780 [tax in]プレート 26cm¥ 4,860 [tax in]ボウル 0.5L¥ 3,780 [tax in] バターケース¥ 7,560 [tax in] HALLA (ハッラ)「ハッラ」のマグカップは、ラップランド地方の白樺のコブをくり抜いて作った伝統的なマグカップ『ククサ』のフォルムからヒントを得ています。 コーヒーや紅茶はもちろんスープカップとしてもおすすめ。丸みを帯びた優しいデザインのマグカップは、手にするたびにほっとしたひとときを与えてくれます。マグカップ¥ 4,644 [tax in]  iittalaTEEMA (ティーマ)ティーマは、1948年にデザインされた名作キルタシリーズが基になっています。電子レンジの使用などライフスタイルの変化に合わせてカイ・フランク自身がデザインに改良を加えて現在の形が完成しました。一切の装飾を排し、自由な組合せで使えるコンセプトは、当時はセンセーショナルなものでしたが、現在では飽きのこない長く愛される北欧のスタンダードとなっています。マグカップ 0.3L¥ 2,700 [tax in]マグカップ 0.4L¥ 3,240 [tax in]カップ&ソーサー¥ 3,780 [tax in] プレート 15cm¥ 1,728 [tax in]プレート 17cm¥ 1,944 [tax in]プレート 21cm¥ 2,700 [tax in] プレート 23cm¥ 2,808 [tax in]プレート 26cm¥ 3,240 [tax in]トライアングルプレート¥ 2,700 [tax in] スクエアプレート 12×12cm¥ 2,700 [tax in]スクエアプレート 16×16cm¥ 3,780 [tax in]ボウル 15cm¥ 2,376 [tax in] ボウル 21cm¥ 2,700 [tax in]ティーポット¥ 8,640 [tax in]  

北欧の食器で楽しむクリスマスレシピ

スカンジナビアを代表するデンマークの陶磁器ブランド「KAHLER(ケーラー)」。スキャンデックスオンラインストアでも多数のシリーズをお取り扱いしておりますが、今回はその中から「HAMMERSHOI(ハンマースホイ)」「 OMBRIA(オンブリア)」の食器を使ってクリスマスにおすすめのレシピをご紹介いたします。骨つき鶏もも肉のロースト<材料>骨つき鶏もも肉 1本オリーブオイル 適量有塩バター 15gにんにく 1片ローズマリー 2本白ワイン 20cc塩 少量ブラックペッパー 少量はちみつ 大さじ1マスタード 大さじ2薄口醤油 大さじ1(付け合わせ)ズッキーニ 1/3本 1.5cmの輪切りレッドキャベツ 1/8カット塩レモン 大さじ1レモン 1/5 個<作り方>・骨つきの鶏もも肉にフォークを縦に複数箇所刺し穴を開ける。・にんにく半量をすりおろし、塩、ブラックペッパーを揉み込みして常温で置いておく。・フライパンにオリーブオイル、刻んだにんにく(残った半量分)、バター半量を加えてにんにくの香りを引き出す。ローズマリーを加えたら、鶏肉は皮目から焼き、両面がきつね色になるまで中火でじっくり焼く。・両面に焦げ目がついたら、鶏肉だけ取り出し、オーブンでさらに15分焼く(アルミホイルを引いて、トースターでも可)。・鶏の脂が出たフライパンを火にかけ、白ワイン、半量残ったバター、薄口醤油、はちみつ、マスタード半量を順に入れ、煮詰めていく。・付け合わせのズッキーニ、レッドキャベツはオリーブオイルをひいた別のフライパンに入れ、蓋をして蒸し焼きにしていく。火が通ったら、塩レモンを加えてさっとあえる。・お皿にローストしたチキンを乗せ、残りの半量のマスタードをのせる。ズッキーニ、レッドキャベツ、カリカリになったローズマリー、レモンを添えて完成。★使用した食器:HAMMERSHOI プレート 22cm ホワイト(商品ページを見る)グリルサーモンとハーブのサラダ<材料>ベビーリーフ 1パックディル 1パックバジル 1パックルッコラ 1袋きゅうり 1本トマト 1個いくら 適量サーモン(刺身用) 1枚塩 適量小麦粉 適量ブラックペッパー 適量オリーブオイル 大さじ3塩レモン 大さじ2赤ワインビネガー 大さじ2薄口醤油 小さじ1<作り方>・野菜、ハーブ類は水で洗い、水気を切っておく。・サーモンに薄く小麦粉をはたき、フライパンにオリーブオイルを入れ両面を焼く。最初の5分程度は中火で蓋をし蒸し焼きに、その後は蓋をとり水分を飛ばすように焼く。・ドレッシングは、塩レモン、オリーブオイル、赤ワインビネガー、薄口醤油を混ぜておく。・水気を切った野菜類を大皿に盛り付け、ローストしたサーモンをほぐしながらお皿に並べる。その上から、ディルやバジルなどのハーブをたっぷり散らし、仕上げにいくらとドレッシングをかけて完成。★使用した食器:HAMMERSHOI スクエアディッシュ 32cm ホワイト(商品ページを見る)骨つきポークロースト プルーンとベリーソース添え<材料>骨つき豚肩ロース 1枚オリーブオイル 適量にんにく 1掛赤ワイン 20cc塩 少量ブラックペッパー 少量薄口醤油 大さじ1(プルーンとベリーのソース)ドライプルーンラズベリーブルーベリーフランボワーズブラックカラント 全て5粒程度赤ワイン 30ccはちみつ 大さじ1塩 ひとつまみ<作り方>・骨つきの豚肉にフォークを縦に複数箇所刺し穴を開ける。・塩、ブラックペッパーを揉み込み、常温で置いておく。・フライパンにオリーブオイル、輪切りしたにんにくを入れ、豚肉は皮面を立てて中火で焼く。(焦げないように様子を見ながら、15分程度焼く)・皮に火が通り、ぱりっとした焦げ目がついたら、両面をローストする。この時赤ワインと薄口醤油を振り入れる。・両面合わせて7分程度焼き、にんにくと豚肉は一旦取り出し皿にあける。・フライパンに残った肉汁に赤ワインを入れ、プルーン、ベリー類を入れて火にかける。塩とはちみつを入れ、煮詰める。・豚肉は仕上げにオーブンで10分程度入れ、皿に盛り付け、ソースをかけて完成。★使用した食器:OMBRIA プレート 27cm ムーンライトブルー(商品ページを見る)

PENTIK 日本の食文化から着想を得た新作が登場

PENTIK(ペンティック)のスタジオコレクションの新作が入荷しました!「スタジオコレクション」は、ペンティックの創業者であり、今なお現役のアーティストとして活躍するアヌ・ペンティック自らがデザインを手がけているシリーズ。模様や色付けなど、多くの工程が人の手によって行われているのも特徴の1つです。アヌの独創的な感性により、ラップランドの美しい自然が表現されたアートピースのようなプロダクトの数々は、ファンやコレクターが多いことでも知られています。今回、オンラインストアに新たに仲間入りしたのは、「Posio(ポシオ)」シリーズと「Ilo(イロ)」シリーズ。 既にオンラインストアでご好評いただいてる「Voima(ヴォイマ)」シリーズと合わせて、今年、日本初上陸を記念して登場した特別なアイテムです。ご飯茶碗や湯呑みを思わせる形の器、小ぶりな角皿など、日本の食卓にも取り入れやすい実用的なアイテムを揃えています。もちろん製造はフィンランド。アヌが贈る温かみのある器を、ぜひ日々の食卓に取りいれてみてください。 NEW  Posio(ポシオ)ペンティックが拠点を構えるフィンランド北部のポシオという地名から名付けられたシリーズ。 ポシオに住む人々にとって、とても身近な存在であるトナカイが描かれています。ステンシルで浮かび上がる繊細なトナカイのシルエットと、これを囲む大きな渦模様からは、ラップランドの冬の厳しさやそこで生きるトナカイたちの強さが感じられます。他のペンティック製品だけでなく、和食器との組み合わせもおすすめです。マグ 0.1L¥4,320[tax in]商品を見るマグ 0.3L¥6,480[tax in]商品を見るプレート 21cm¥6,480[tax in]商品を見る  NEW  Ilo(イロ)フィンランド語で「喜び」や「楽しさ」といった意味をもつ「イロ」は、複数の色が混じり合い、ひとつひとつ表情の異なる水玉模様が特徴で、見る人を楽しませてくれます。ダークグレーの下地は、鮮やかな水玉を一層引き立てながらも全体を引き締め、テーブルに馴染むバランスの取れたデザインに仕上がっています。日常使いにはもちろん、お茶や和菓子をあわせたティータイム、おもてなしのシーンにもおすすめのアイテムです。マグ 0.1L¥4,320[tax in]商品を見るプレート 13.5×24cm¥7,560[tax in]商品を見るボウル 13cm¥7,560[tax in]商品を見る Voima(ヴォイマ)フィンランド語で「パワー」を意味するヴォイマ。春に息吹く草花の力強さが器に表現されており、季節の美しい移ろいや新たな草花の誕生など、忙しい日々の中で見逃してしまいそうな小さな喜びに気づかせてくれる作品です。春の日差しのような眩しいイエローと瑞々しいブルーで彩られた葉っぱを漆黒で縁取った絶妙な色のバランスには目を見張るものがあり、アヌならではの独創的な色の感性と才能を感じさせます。マグ 0.1L¥4,320[tax in]商品を見るプレート 16×20cm¥8,640[tax in]商品を見るボウル 13cm¥7,560[tax in]商品を見る スタジオコレクションを見る

KÄHLER ~デンマークが誇る伝統とクラフトマンシップ~ Vol.1

2018年6月より、スキャンデックスオンラインストアにてお取扱いがスタートした北欧を代表するデンマークの陶磁器ブランドKÄHLER(ケーラー)。デンマークの代表的なブランドの中でも歴史は古く、2019年に創業180周年を迎えます。いつの時代も丁寧なものづくりと革新的なデザインの製品で、デンマークの人々の暮らしに寄り添ってきました。そんなケーラーのものづくりに欠かせないのが、長い歴史の中で培われた「伝統」と「クラフトマンシップ」。その二つに焦点を当て、ケーラーの世界観を2回にわたり、お伝えしていきます。Vol.1の今回はケーラーが引き継いできた「伝統」とその変遷をお送りします。ABOUT KÄHLER1839年、陶芸家のハーマン・J・ケーラー(Herman J. Kähler)がデンマークのネストベで創業。息子のハーマン・A・ケーラー(Herman A. Kähler)が工房を引き継ぎ、世界中の展覧会や美術館で展示され、高い評価を得たことをきっかけに芸術性溢れる国際的な陶磁器メーカーへと発展しました。才能ある現代のデザイナーたちが「すべての人々に芸術を」という思いのもと、伝統を守りながら新たな表現を作品に生かしています。近年では、ケーラー製品の魅力とブランドの世界観を様々な形で体感できるよう、レストランをデンマークにオープンしています。HISTORY OF KÄHLER「すべての人に芸術を」という思いのもと、4世代に渡って家族経営が行われてきました。約180年の歴史を誇るケーラーのこれまでの歩みを当時の写真とともに振り返ります。~Kähler家による経営の移り変わり~創業者 <1839〜1871> Herman Joachim Kähler2代目 <1872〜1916> 兄:Herman August Kähler(上写真)弟:Carl Frederik Kähler3代目 <1917〜1939> Herman Hans Christian Kähler4代目 <1940〜1973> 兄:Herman Jørgen Kähler弟:Nils Kähler(上写真)ケーラーの歩んできた年表はこちら >>OLD ARTWORKS OF KÄHLERケーラーの1900年代初期の当時の貴重な作品をご紹介いたします。現在製造・販売されている商品と見比べて、その変遷をお楽しみください。■ HAMMERSHØI(ハンマースホイ)1900年代初期2018年現在最も長くケーラーのデザインに携わり、数々の作品とブランドロゴ「HAK」のデザインを手掛けるなど、大きな功績を残したアーティスト、スベン・ハンマースホイ。彼が20世紀初頭に手掛けたアートピースのデザインに新しい解釈を加え、ハンス・クリスチャン・バウアーによって2015年にデザインされたのが「ハンマースホイ」シリーズです。スベンが残したアーティスティックなデザインに、実用性を備えた完璧なフォルムとモダンなカラーが施され、フラワーベースやテーブルウェアのアイテムとして現代に生まれ変わりました。ハンマースホイ 商品一覧■ OMAGGIO(オマジオ)1940年代2018年現在第二次世界大戦の頃、デンマークは外国の文化の影響を受け、ケーラーでもこれまでにはない形や柄の描かれた作品が作られるようになりました。夏の間にはスウェーデンから女性の画家たちが訪れ、ケーラーの工房で絵付けや陶芸を行うようになります。このとき、彼女たちによってつくられた作品は「Svenskerstykke(スウェーデンの作品)」と呼ばれ、美しく新たなミニマリズムとして高い評価を受けていました。単色の作品が多いケーラーの中では珍しく柄が描かれているオマジオは、その当時の「スウェーデンの作品」の作風からインスピレーションを受けたと言われています。オマジオ 商品一覧■ SPAREDYR(スパーデュア)1940年代2018年現在1920年代に、ケーラー家の4代目ニルス・ケーラーが、工房で遊びとして貯金箱を作ったのがスパーデュアのはじまりです。父に怒られると思いごみ箱に捨ててしまいますが、彼の父であるH・C・ケーラーは、このユニークで少し変わった貯金箱を見つけるととても気に入り製品化をしました。当時も人気のあった製品のひとつと言われています。スパーデュア 商品一覧 ケーラーが引き継いできた「伝統」に焦点を当てたVol.1、いかがでしたでしょうか。次回のVol.2では、今もハンドメイドにこだわるケーラーの「クラフトマンシップ」をお届けいたします。KÄHLER ~デンマークが誇る伝統とクラフトマンシップ~ Vol.2 はこちら >>ケーラー 全商品一覧

Leander ハイチェアのこだわり

1. 曲線から生まれる適度なしなりリエンダーハイチェアは、これまでの子ども椅子には無い“しなる”と言う機能が備わっています。 前後に緩やかに揺れることにより、お子さまの動きを吸収し、お子さまが安心して椅子に座っていることができます。お子さまが落ち着いて座り続けられる子ども椅子。家族みんなで楽しい食事の時間を過ごすことができるでしょう。2. 自然な姿勢をサポートリエンダーハイチェアは、お子さまの成長に合わせて座面と足乗せ板に加えて、背板の高さ調整も可能です。また、奥行きの浅い座面はお子さまが深く座ることを促し、背板と座面の間の開口部にお子さまのお尻が収まります。それによって、緩やかな曲線の背板に包まれるようにして自然な姿勢がサポートされます。3. 1.2mmの24枚構造リエンダーハイチェアの脚板には、単板積層材とも言われるLVL(ラミネイティッド ベニア ランバー)が採用されています。1.2mm の板を24枚重ねたLVLは非常に強固で軽量でありながら、美しい曲線としなりをもたらします。耐荷重125kgで、一般的な子ども椅子同様に大人になっても長く使用する事が出来ます。LVLの特徴は切断面が美しく、無垢材を使っているような仕上がりになります。しかも無垢材と比べて変形や割れ等の狂いが少ないのも特徴です。リエンダーハイチェアは、お子さまに安心して座っていただけるように設計されているのです。4. 抜群の安定感と美リエンダーハイチェアの脚は、正面から見るとハの字に開いています。後方に美しく伸びた脚は、椅子全体に抜群の安定感を生み出しています。実際に使用してみると、リエンダーの椅子は、お子さまの安全や座り心地に配慮していることに気づくでしょう。例えば、脚底の裏に取り付けられたプラスチックパーツ。4つすべての形状が異なり、それぞれにわずかな傾斜がついています。こうすることで脚全体を美しく彫刻的に見せながらも安全性についても追求しているのです。北欧ならではの機能と美を融合した子ども椅子がリエンダーのハイチェアなのです。5. シンプル、かつ軽量なフレームリエンダーハイチェアの脚板は一般的な子ども椅子と異なり、表面がフラットに設計されています。食べこぼしが多いお子さまの食事。そのような時でも凹凸が少ないリエンダーハイチェアならお手入れが簡単です。お子さまが使うものは、いつも清潔で衛生的にしておきたいですから。そして、5.1kgという軽さにも、こだわりました。積層材でできているので、無垢材の椅子よりも軽量なのです。その軽さは大人の女性が片手で容易に持ち運びできるほど。日々のお掃除もきっと楽にしてくれるはずです。◎正規輸入品は安心の8年保証ですスキャンデックスが扱うリエンダーハイチェアは8年保証。これは正規輸入品だけの特典です。また、リエンダー社から輸入する際、工場での製造工程および出荷時に特別の追加検査を実施し、かつ国内倉庫でも出荷前に詳細な検査を行っています。どうぞ安心して末長くお使いください。※保証内容詳細は製品取扱い説明書に記載しております。

MORE
PAGE TOP